【125cc】バイク免許の制度や費用について解説|原付二種

「125ccの免許をとりたいけど、費用や制度が気になる」

「125ccに関わらず免許の制度について理解しておきたい」

125ccで乗れるバイクは多種多様です。中でもAT限定と呼ばれる小型限定普通二輪免許は最短2日で取得できることもあり、敷居の低い免許です。

この記事では125ccの免許について解説するとともに、維持に関する情報なども合わせてご紹介します。

原付二種(125cc)免許の取得方法

免許には2通りの取得方法があります。

  • 教習所を利用する
  • 運転免許試験場でのダイレクト受験

それぞれ詳しく確認しましょう。

教習所を利用する

教習所を利用してバイクの免許を取得する際の流れは下記の通りです。

技能教習・学科教習

自動車免許保持者は1限のみ学科教習があります。

※原付の免許は実技教習がありません。

卒業検定

教習所で行われます。  

適性検査・視力検査

視力検査では両眼0.7以上かつ片眼ずつで0.3以上(眼鏡、コンタクト使用可)

学科試験(自動車免許保持者は免除)

95問中、90%以上正解で合格です。

免許交付

免許センターで更新します。

技能試験の概要

二輪の技能試験は、主に下記の項目が自動車免許試験とは異なり実施されます。

免許コースの主な検査概要
 
坂道発進

勾配率約10%の上り坂の途中に設けられた停止線で一時停止し、後退することなく発進する課題

 
スラローム

4.5m間隔に置かれた5本のパイロンの間を、縫うように連続して走行する課題

普通自動二輪:8秒以内、大型自動二輪:7秒以内

小型二輪はありません。

 
一本橋

幅30cm長さ15mの細い板の上をバランス良くゆっくり走行する課題

小型二輪:5秒以上、自動二輪:7秒以上、大型自動二輪:10秒以上

 
波状路(大型二輪免許のみ)

9本の突起が不等間隔に設けられた長さ9.5mの路面を、低速で通過する課題

 
急制動

時速40km以上で走行し、短距離で停止する課題

小型二輪においては時速30km以上

MEMO

実際のコースについては試験場により異なります

二輪という不安定な乗り物だからこそ、バランスや扱いについて試験があります。

運転免許試験場での一発試験

運転免許試験場で試験を行い免許を取得する際の流れは下記の通りです。

適性検査・視力検査
学科試験(自動車免許保持者は免除)
技能試験
取得時講習・応急処置講習
免許交付
MEMO

一発試験で免許を取得するのは難しく、決められた手順をミスなく行う正確性が求められる試験となります。

一発試験は事前のリサーチなしでの合格は困難

技能試験は、各教習所のルール(交通法規)に沿った走行が必要です。試験場内は普段走ってる道路とは走り方が多少異なります。教習所に通って取得する場合、技能試験の内容に沿って練習や試験の実施が行われるため、取得しやすくなっています。

一方の一発試験では試験所のコースを事前に把握し、ミスなく走行することが求められます。事前の研究無くストレートに合格することは極めて稀とされています。

125ccの免許について【比較】

バイクの免許について分類をみていきましょう。

免許の種類は4種類

二輪の免許には、4種類の免許があります。125ccは小型免許に分類されます。

  • 50cc
  • 高速道路不可法定速度30km/h
  • 年齢16歳〜
  • 自動車免許に付帯
  • 50cc 超〜125cc 以下
  • 高速道路不可
  • 年齢16歳〜
  • AT二輪免許証あり(最短2日で取得可能)
  • 125cc 超〜400cc 以下
  • 高速道路に乗れる
  • 年齢16歳〜
  • AT二輪免許証あり
  • 400cc 超
  • 高速道路に乗れる
  • 18歳〜
  • AT二輪免許証あり

それぞれ免許により乗れる種類が異なります。ちなみに、大型二輪免許があれば、乗れるバイクに制限はありません。

MEMO

AT限定の小型免許取得後、購入しようとしたHONDAのモンキー125がMTのみなので、限定解除した知人がいます。笑

限定解除とは

AT限定からMT車を運転できるように制限を解除することを指します。

時限数
AT小型限定普通二輪免許 → 小型限定普通二輪免許4時限

この他にも様々な限定解除はあります。

免許には「AT限定なし」「AT限定」の2種類がある

免許には、手動でギアチェンジを行うMT(AT限定なし)と自動で変速するATの2種類があります。スクーターなどのアクセルを捻るだけで進むバイクはAT車です。

小型免許の教習時間

AT小型限定普通二輪免許
  • 技能教習8時間+学科教習1時間(自動車免許あり
  • 最短2日で取得可
小型二輪免許
  • 技能教習10時間+学科教習1時間(自動車免許あり
  • 最短教習時間技能13時間+学科1時間(自動車免許あり
  • 5万〜12万
  • 最短教習時間:12時間(普通二輪免許あり
  • 5万〜12万
  • 最短1日〜
  • 6,100円+別途取得時講習受講料(大自二16,650円、普自二16,200円)

小型二輪は取得時間が短いのが魅力ですね!

免許の取得費用について

教習所の料金には地域差あり

自動二輪の免許は通う教習所により料金が異なります。地域差で金額は数万円違います。

ちなみに、私は大阪で大型二輪免許を取得しましたが、中でもオススメなのはネヤガワドライビングスクールです。ポイントは下記の通りです。

  • 技能教習の延長が規定時限数の倍まで追加料金不要
  • 卒業後にレンタル819での無料レンタルチケットが貰える(平日限定
  • 修了検定において、再受験料は不要

キャンペーンで料金が安い時期もあり、私は54,000円でした。他にも同じように安い教習所はありますので、一つの基準として参考にしてみてください。

ちなみに、私が以前住んでいた仙台で申し込むとなると10万円以上はかかる地域もあります。2輪の申し込みが多い地域は取得しやすい環境にあると言えます

自動車免許と同時取得がベスト

バイク取得を考えている学生の方は自動車免許との同時取得がオススメです。

社会人になると、教習所に通う時間があまりありません。。

合宿だと費用も抑えて取得ができるので、費用だけでも確認してみてください。

最短14日間の合宿免許 自炊プランなら168,000円~

125ccの種類や特徴について解説

ナンバーの色:ピンクナンバー

125ccはピンクナンバー

125ccのナンバーはピンクです。そのほかに、50cc 未満は白50cc 以上〜90cc 未満は黄色となっています。

125ccは標識が特徴(なくても違反ではない)

白線の三角形が特徴!

国土交通省の取り決めにより、50cc 以上〜125cc 未満のバイクには後方に標識が貼られていますが、表示がなくても違反ではありません。

125ccの豊富なラインナップ

カスタムしやすいのも125ccの特徴!

下記では125ccのラインナップについて、新車で買えるバイクをピックアップしましたので、「今バイク探してるんだよね!」な方にピッタリな記事です。

≫ 種類別バイクのラインナップはコチラ

原付二種(125cc)について、もっと深掘り!

バイクについては排気量50cc以下を原付51~125cc以下を原付二種に分けることが出来ます。法定速度も原付は30km/hに対し、原付二種は各道路の法定速度に合わせた走行が可能です。

125ccのメリットについては下記の通りです。

原付(50cc)原付二種(51〜125cc)
法定速度30km/h道路の法定速度
最高 60km/h
二段階右折あり
※二段階右折を求められる場所のみ
なし
2人乗り不可車両によりOK
※定員が1人のバイクは不可
自動車専用道路走行不可走行不可

原付は制限が多く、道路状況を確認しながら走る必要があります。これらの違反をすると、下記の点数が引かれます。

違反点数反則金
速度超過
15km/h 未満
16,000円
15km/h 以上〜20km/h 未満17,000円
20km/h 以上〜25km/h 未満210,000円
25km/h 以上〜30km/h 未満312,000円
二段階右折の違反(原付のみ)1点3,000円

これらの違反点数・反則金は原付二種でも同様です。

税金について

50cc 以上〜90cc 未満90cc 以上〜125cc 未満126cc 以上〜250cc 未満
軽自動車税2,000円2,400円3,600円
重量税新車購入時のみ4,900円
自賠責保険13,980円(60ヶ月)13,980円(60ヶ月)16,220円(60ヶ月)
1年あたり
(重量税抜き)
4,796円5,196円6,844円
2021,08時点

税金は50ccも125ccも1年間で見ると400円の差となります。維持費に関しては、大型までの比較をまとめた下記記事が参考になります。

≫ 【バイク維持費】原付二種vs中型vs大型のリアルな維持費の計算はコチラ

任意保険について

保険はファミリーバイク特約に加入することが可能です。

ファミリーバイク特約とは

自動車保険に付帯できる特約です。125cc以下のバイクに対し、補償を受けることができます。

自賠責保険では保証できない範囲の賠償を賄う保険です。万が一の備えに対し、加入は必須と言えます。保険料はおおよそ毎年1万円〜2万円の範囲内ですが、保険会社により金額は異なります。

保険については、ファミリーバイク特約の他、任意保険に加入する方法もあります。どちらがお得なの?については下記でより詳しく解説しています!

≫ 【125ccの保険】ファミリーバイク特約ではなく、任意保険を選ぶ理由はコチラ


以上、125ccのバイク免許の制度や費用についての解説でした!

この記事が免許取得の参考になれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です