キャンプツーリング用のテーブル【選び方・種類】まとめ

「キャンツー用にテーブル買いたいけど、大きさが気になる」

「キャンツーに最適なテーブルってあるのかな??」

テーブルはキャンプ場において、地面に物を置かないようにするために使うと便利なアイテムの一つです。屋外なので、どうしても土汚れとか拾ってしまいますからね。

その上で、テーブルを選ぶとなると様々な大きさがあります。テーブル選びは下記のポイントを参考に選んでみてはいかがでしょうか。

テーブル選びのポイント!
  • 持っている椅子の座面高さに合わせてテーブルを決める
  • 初めてのテーブル選びには収納サイズよりも使い勝手の優先をおすすめ

この記事ではベストなテーブル選びのポイントについて解説した記事です。

キャンプツーリング用テーブルの種類について紹介

タイプ収納サイズ
ローテーブル★★★★(最小)
コンパクトテーブル★★★☆
キャンプテーブル★★☆☆
三脚テーブル★☆☆☆(最大)

大まかに分けるとしたらこれぐらい種類があると思います。テーブルといっても種類は豊富で座り心地も変わります。それぞれの形にメリット・デメリットがありますので、ご紹介していきます。

ローテーブル

ローテーブルのメリット

収納性に優れ、軽量である

ローテーブルの注意点

椅子の座面が高いと、使い勝手はあまり良くない

ローテーブルの評価
設営のしやすさ
 (4.5)
耐久性
 (3.5)
軽さ
 (5)

ローテーブルは名の通り高さが地面とほぼ同じものを指します。これの特徴は、アルミやステンレスを採用したテーブルが多く、熱いものも載せれるし、収納サイズも薄くなるしでとても使い勝手の良いテーブルです。

組み合わせるならこの椅子

ローチェアとの組み合わせは相性が良く、自然な動作で使えるのがポイントです。

高さの低いテーブルだと、置く物の位置も低くなります。座面が高い椅子では使い勝手が悪くなるでしょう。

優れた収納性

ローテーブルは収納時の製品の厚みが薄いのが特徴です。バイクキャンプの場合は僅かな隙間もないぐらい荷物で溢れるときがあるので、この収納性はとても便利です。

荷物の量が少ないソロキャンパーや、最小限の道具で楽しみたい人に最適です。

写真のモデルはこちら

Amazonで検索すれば、よく似た安いローテーブルはたくさんありますよ!

収納サイズ30 x 11 x 2 cm
重量395 g(本体重量)
対荷重3 kg
天板の大きさ30 x 21 cm
テーブルの高さ7.8 cm

その他の軽量なローテーブルは下記でまとめています!

軽量なローテーブル6選を比較!収納性や使い勝手について

コンパクトテーブル

コンパクトテーブルのメリット

ローテーブルに比べ天板の大きさも大きく、キャンプチェアやローチェアに合わせやすい

コンパクトテーブルの注意点

天板の大きさが中途半端に感じるが、コンパクトさと使い勝手は抜群!注意点はあまり見つからない

コンパクトテーブルの評価
設営のしやすさ
 (4)
耐久性
 (4)
軽さ
 (3.5)

組み合わせるならこの椅子

コンパクトチェアとの組み合わせは相性が良く、自然な物を取る動作で使えるのがポイントです。

コンパクトテーブルならローチェアとの組み合わせでも使えるので、ちょうど良い大きさです。

小物を収納しておける

テーブルには小物を入れておけるスペースがあるモデルがあります。このテーブルだとティッシュや調味料など、よくどこにいったか分からなくなるような小物をテーブルのストレージスペースに入れておけます。

焚き火が終わってテントに戻るとき、テーブルをテント内に入れれば、小物の管理も容易です。

写真のモデルはこちら

収納サイズ42 x 10 x 12 cm
重量560 g(本体重量)
対荷重50 kg
天板の大きさ40 x 40 cm
テーブルの高さ30 cm

DOD ライダーズテーブル

上のヘリノックス タクティカルテーブルは値段が高いのですが、こちらはお手頃価格で便利な機能が満載なテーブルです。重さは比較すると重たいですが、収納スペースが多いので、小物の整理や洗った食器類を乾燥させるのにもネットのスペースは活躍します。

収納サイズ50 x Φ8 cm
重量920 g(本体重量)
対荷重20 kg
天板の大きさ46 x 36 cm
テーブルの高さ33 cm

キャンプテーブル

キャンプテーブルのメリット

ドリンクホルダーがつくなどし、最も快適に使えるテーブル

キャンプテーブルの注意点

収納サイズが大きい

キャンプテーブルの評価
設営のしやすさ
 (4)
耐久性
 (4)
軽さ
 (2.5)

キャンプテーブルはローテーブルとは異なり、物を置く位置が高いことが特徴です。基本的に組み立てを必要としますが、物を置くスペースが広いこと、そして小物を収納できることがポイントです。

ドリンクホルダーがある

テーブルによってはドリンクホルダーなんかもついており、使いやすいです。

初めていくキャンプなら、使い勝手のよいテーブルを使うことの方が、無理に道具をコンパクトにして利便性を失うよりも快適です!

写真のモデルはこちら

収納サイズ41 x 11 x 11 cm
重量625 g(本体重量)
対荷重50 kg
天板の大きさ60 x 40 cm
テーブルの高さ39 cm

Soomloom 折り畳み式テーブル

ランタンハンガーとテーブル下収納があるモデルです。重量が少し重たいかな、と思いますが値段も安いし天板も広いので、使い勝手は良いかと思います。

収納サイズ45 x 14 x 11 cm
重量1,500 g(本体重量)
対荷重20 kg
天板の大きさ56 x 40 cm
テーブルの高さ36 cm

三脚テーブル

三脚テーブルのメリット

三脚を持っていくひとであれば、意外と収納サイズが小さくなるメリットあり

三脚テーブルの注意点

テーブルを使ってる間は三脚が使えない。笑

三脚テーブルの評価
設営のしやすさ
 (3.5)
耐久性
 (5)
軽さ
 (2.5)

IKEAの水切り台をテーブルの天板にしてしまうDIYです。写真のテーブルだと、シエラカップやギア類を引っ掛けておけるので便利です。

天板の収納も、一番初めにバッグの底に入れておけば収納も邪魔になることはあまりないように感じます。

難点は重いことです。。

キャンプツーリング用テーブルについての補足情報

キャンツーにテーブルを持ってく際のその他のポイントについて解説します。

熱いものも載せられる

アルミテーブルは熱いものを載せられるのが特徴です。例えばスキレットのような鋳物のフライパンは熱を保持できるのが特徴で、これの置き場としてテーブルが使えます。なにせ金属でできているので、多少手荒に使っても耐久性があるのがポイントです。

バイクで持ち運びしやすいローテーブルについて

バイクキャンプツーリングでいえば、テーブルは荷物を圧迫する存在です。でも、一度使うとその便利さから持っていきたくなるキャンプ道具の一つではありますよね。

私はいつも悩みますが、結局持っていきます!笑

その際に役に立つのが軽量テーブルの世界です!ようこそ(笑)

下記の記事では軽量テーブルにフォーカスして引き続きわかりやすい解説をしていきます。

軽量なローテーブル6選を比較!収納性や使い勝手について

以上キャンツーで持っていきたいテーブルの解説でした。

この記事のまとめ
  • 椅子との組み合わせでテーブルを選ぶ
  • 天板がファブリックのテーブルは、熱いものは載せられない
  • 天板は広いに越したことはない。その分収納サイズも大きくなる

テーブル以外のオススメキャンプ道具は下記で紹介しています。

【保存版】キャンプ道具の軽量化に役立つアイテム 50選を厳選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です