バイクの空気入れに便利なアダプター(90度エアーバルブ)を紹介!

「ガソリンスタンドでバイクのタイヤに空気を入れる時、なんか入れにくいんだよなぁ」

って思ったことはありませんか?私はいつも

なんだよ!この使いづらさ!

って思っています。笑 そこで紹介したいのが90度エアーバルブのアダプターです!これがなぜ良いのか、そして注意点も含め解説していきたいと思います。

この記事では

私がチューブタイプのホイールを使った経験を元に記事を作成しています

空気入れにアダプターを使うメリットを紹介!

ガソリンスタンドで空気を入れる際に便利です

ガソリンスタンドには写真の空気入れのタイプが多いです

この器具を使ってバイクのバルブに挿そうとすると、、絶妙に角度が合わなくてしっかり空気が入りません。車種によってはうまく入るものもあるとは思いますが、十中八九漏れます。

そこで便利なのがこのアダプター!

アダプターをつけることでバルブの向きが変わります

これを使うとズレなく器具をセットできるので、空気が入れやすくなります

空気が入れずらくて困ってる!方にオススメしたいパーツです

このアダプターはつけたままでもOKですが、注意点もあります。(記事後半で紹介しています!

ちなみに、このアタッチメントをつけたままだと、空気漏れは大丈夫?については私の使用環境下では漏れていません。もし漏れが確認できたら、また追記しようと思います!

干渉しない空気入れもあります

ガソリンスタンドには写真の空気入れのタイプもあります

このタイプはホースがフレキシブルに動くので、空気が入れやすいです。全てがこのタイプなら良いのですが、置いているガソリンスタンドもあれば、置いていない場所もあります。

空気入れアダプターを使う上での注意点

次に、このバルブアダプターを使うことでの注意点について確認しましょう!

ゴム製バルブへの取り付けは注意

チューブレスタイヤの場合は、ホイールにバルブが直接取り付けられています。(チューブがないタイヤです)

写真のようなバルブですね!取り付け部がゴムで出来ており、ホイールに密着するようになっています。しかし、ゴム製なので、デメリットもあります。

注意点

長期間使用すると、ゴムが劣化し、亀裂が発生する→エア漏れの原因

タイヤを交換する場合、基本はバルブ交換するのですが、長期間交換していない場合はバルブも交換されていません!

このバルブにアダプターをつけた場合の注意点としては、アダプターの重さにより、バルブへのダメージを増大させるということです。

アダプターも軽いとはいえ、重さはあります。バイクの振動や加速によってダメージが加速してしまうので、注意が必要です。

バルブが古い場合は注意が必要ですね!

対策として、空気を入れる時だけアダプターをつける方法もあります。注意点は下記に記載しています!

取り外す際は少し空気が漏れる点に注意

アダプターを空気の入れる時だけバルブに取り付けて、それ以外は外しておく。というのも正しい使い方です。

アダプターのトラブルで空気が漏れてしまった!

「アダプターが原因でバルブが折れてしまった!

というトラブルが起こらないとも言い切れません。

それでも僕はつけっぱなしでトラブルは起きてません

特に上で解説したバルブの亀裂によるエア漏れは走行不能になる重大トラブルの一つです。だから外しておくのは得策です。

そこで!取り付け・取り外しするときに気になる点としては僅かながらではあるが空気は漏れることは誰しもが感じるかと思います。ただし、漏れる量は空気圧にほとんど影響のない範囲です。

取り付けるときは、こいうもんだ!の理解でOKです。

タイヤ交換時にL字タイプのバルブに交換するのもあり!

アダプターなんてつけずに、ガソリンスタンドで便利に空気を入れる他の方法はないの??という場合には、タイヤ交換時にあらかじめ曲がったバルブを使用しましょう!

注意点

タイヤ交換時でないと交換できません

タイヤ交換時には、お店にバルブを90度のものに交換したい!と相談してみましょう。大体のお店ではパーツを確保しているので、交換が可能です。


以上、ガソリンスタンドで空気を入れる際に便利なアダプターの紹介でした。これでガソリンスタンドで楽に空気を入れることが出来ます。バイクの場合特に空気圧管理が大切なので、より詳しい解説は下記記事よりご覧ください!

≫ 原付の空気圧チェックは大切!【方法と手段の解説】はコチラ

ガソリンスタンドでなくとも自宅に自転車用の空気入れがあればエアを入れることが可能です。空気の入れ方については下記で紹介しています。

≫ 【タイヤの空気】原付は、自転車の空気入れで可能!種類について解説はコチラ

バイクの空気圧管理の参考になれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です