【メンテナンス】バイクチェーンのクリーニング方法

この記事では、チェーンメンテナンスの方法をご紹介する記事です。

チェーンメンテナンスについて

チェーンクリーニングの目的

バイクのチェーンは、チェーンに差したオイルが汚れなどと組みあわさり、頑固な汚れとなります。

定期的にクリーリングすることで、チェーンの動きを良くしたり、不必要なギアやチェーンの消耗を抑えます。

オイルが多くなるとゴミを拾いやすくなるので、チェーンオイルは多くても少なくても調子が悪くなりやすいです。  

チェーンクリーニングを怠ると

チェーンクリーニングを怠るとチェーンの1コマの動きが悪くなります。結果、チェーンやスプロケットの摩耗につながります。燃費が悪くなるばかりでなく、パーツの耐久性も落ちてしまいます。

そうならないためにもチェーンメンテナンスを行いましょう!

使用材料・道具

チェーンクリーナー

シールチェーンなら、対応品を使いましょう。

シールチェーンとは?については下記で説明しています。

【シールチェーンについて】愛車のサイズと種類について

チェーンブラシ

あるとチェーンについた汚れを短時間でこそぎ落とすことが出来ます。


チェーンオイル

水洗い洗車後なら水置換性が便利です。

クリーニング方法

チェーンクリーニングのポイントとしては、熱を持っている間のほうが汚れを落としやすいことです。

つまり走行後にクリーニングすると最も効率よく汚れを落とすことが可能です。

冷えてる状態でもOKです!

リアタイヤをフリーにする

チェーンメンテナンスを楽にする方法として、センタースタンドorメンテナンススタンドで後輪を持ち上げましょう。

  • どちらもない場合は、バイクを少しずつ動かしてクリーニングを行いましょう

これでチェーンが動いて作業が楽になります!

養生する

クリーナーを吹きかける前に、養生します。

クリーナーで汚れを落とす

満遍なく、チェーンクリーナーを吹きかけます。

  • WAKO’Sのチェーンクリーナーは非速乾なので、吹きかけても残り続けます
ブラシで頑固な汚れを分解する

ブラシで擦って固まった汚れを分解して落としやすくします。

専用ブラシがやっぱり便利!

スプロケットもついでに掃除しましょう!

水で洗い流すor再度クリーナーを吹きながら拭く

水を使える環境なら、ブラシで擦りながら流水で汚れを洗い流してください。

  • 水が使えない場合はクリーナーを吹きながら汚れを落として、ウエスで拭きます。
オイルを吹く

クリーニング後はオイルを吹きます。

吹くポイントはコマが動く箇所です。

チェーンメンテナンスは定期的に行いましょう

チェーンは後輪に動力を伝える大切なパーツです。メンテナンス次第で殺すも生かすもユーザー次第です。

定期的にチェーンの状態は確認して、必要であればクリーニングを行い、状態の良いバイクでツーリングに出かけましょう!

今回購入したクリーニング用品はAmazonで購入しました。他に合わせて買っておくと便利な消耗品も含めてご紹介しています。

Amazonで買うと断然お得な消耗品7選とお得に買う方法

チェーンのアライメント編は下記よりご覧いただけます。

【メンテナンス】チェーンのアライメントをとる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です