バイクのタイヤの選び方!パターンから比較する【カスタム】

タイヤは二輪なので、特にタイヤのグリップ力が大切な重要なアイテムですが、そのタイヤパターンは様々存在しています。また、欲しいパターンがあってもラインナップが展開されていなかったりします。

また、タイヤはホイールに依存するため複数種類ある中でも使えるラインナップが限られる点にも注意が必要です。

この記事ではタイヤ選びにおいて走行性能より、バイク全体の雰囲気にあったタイヤを選びたい!という方に向けて、各メーカーのパターンに特徴あるタイヤをまとめて記事を作成しています。

バイクのタイヤの選び方

タイヤを選ぶ際に必要な基礎知識について解説します!

タイヤにはチューブタイプとチューブレレスがある

バイク用のタイヤは

  • チューブタイヤ
  • チューブレスタイヤ

2種類に分類できます。

チューブタイヤの標記はメーカーにより多少異なり、WT(with tube)やTT(tube tire)などの標記がありますが、同じ種類になります。チューブレスはTLと標記されます。

チューブレスにおいては空気が漏れないことが前提となるので、ホイールが対応していなければチューブレスを使うことは出来ません。一方、チューブを使えばチューブタイヤ用ホイールにチューブレスタイヤを履いて使うことが可能です。

タイヤは2種類に分類される

バイク用のタイヤは

  • バイアスタイヤ
  • ラジアルタイヤ

2種類に分類できます。

バイアス・ラジアルは正しいサイズを選べば、どちらを選んでも構いません。一般的には下記の違いがあります。

バイアスタイヤ

値段が安い

乗り心地が良い

ラジアルタイヤ

優れたグリップ力

安定性に優れる

種類によりタイヤサイズの表記が異なります。

扁平率について

バイアスタイヤの場合は扁平率は90〜100のため、扁平率の標記はありません。

ラジアルタイヤの場合はタイヤサイズに扁平率が加わります。扁平率が100に近いほど、同じタイヤ幅で比較するとエアボリュームが大きいので、乗り心地が向上します。

ホイールサイズにタイヤが適合するか確認する

タイヤを選ぶ際は

  • タイヤとホイールのサイズ(17インチや18インチ)を合わせる
  • リム幅

を合わせる必要があります。

表記が異なるのはバイアスタイヤでインチを採用し、ラジアルタイヤでミリメートルを採用している為です。インチに関しては1インチ=2.54cmで計算が可能です。

履けるタイヤ幅については、ホイールのリム幅に合わせたものを選ぶ必要がある点に注意しましょう!タイヤにはそれぞれ各メーカー毎に許容リム幅の記載があります。

バイクのリム幅にタイヤが適合していたら使うことが可能です!

理想のタイヤ形状を出すには標準リム幅にセットすることが大事!

まずはお乗りのバイクのリム幅を確認しましょう!

荷重指数・スピードシンボルについて

交換前のタイヤを確認すると、サイズ表記の後ろに数字と記号が標記されています。これは

タイヤの性能を表す記号

です。

荷重指数速度(km / h)
45165
46170
47175
48180
49185
50190
51195
52200
53206
54212
55218
56224
57230
58236
59243
60250
61257
62268
63272
64280
65290
66300
67307
68315
69325
速度記号速度(km / h)
J100
K110
L120
M130
N140
P150
Q160
R170
S180
T190
U200
H210
V240
Z240 超

幅広は干渉に注意

タイヤの幅が広がることで干渉が発生する可能性があります。

扁平率を変えると

タイヤの外径が大きくなり、センタースタンドやスイングアームに干渉する可能性あり!

タイヤの幅を変えると

フェンダーやチェーンカバーに干渉する可能性あり!

タイヤの外径が変化するので、表示速度にも影響します。タイヤのサイズは車体の指定サイズから変更すると不具合が必ず発生しますので、同じサイズで選ぶべきです。

それを承知で変更するのがカスタムです!

あとは幅広のタイヤは重たくなります。フロントのタイヤが重くなるとハンドリングにも影響します。見た目はガラッと変わりますが、必ずしも全てメリットにはならない点に注意が必要です。

バイク用タイヤのパターンは主に4種類!

バイク用のタイヤは大きく分けて4種類に分類が可能です。

この分類は車用のタイヤパターンの分類ですが、バイク用のタイヤにも当てはまる為、ご紹介していきます。

リブ型パターン

特徴
  • ロードノイズが小さい
  • 転がり抵抗が少ない

クラシカルパターン代表として、縦溝が特徴のタイヤパターンです。カフェレーサーとか旧車などによく似合いそうですね。

ラグ型パターン

特徴
  • グリップ力・制動力に優れる

このタイプのタイヤは運動性能が高いので、SS(スーパースポーツ)などに履かせると性能を生かしきれるタイヤですが、一般道においてもスリップしにくいなどのメリットがあり、ツーリングにおいても優秀なタイヤです。

ロードにおいてのグリップ力においては、本当に気持ちの良い性能があります。ネイキッドからスポーツツアラーでも使って気持ちの良いタイヤですし、僕はミシュランの食いつきの良さが好きで、ずっとPOWERシリーズを使っていました。(もう今はスポーツ走行性能は求めていません。笑

リブラグパターン

特徴
  • リブ型とラグ型の特徴を併せ持つ

スクランブラーやアドベンチャーはじめ、バイクの雰囲気がガラッと変わるのはこのパターンです。

GN125-2Fに履かせているのはダンロップのTT100GPです。サイズ展開が豊富で選びやすいのも◎。

ブロックパターン

特徴
  • 泥詰まりしにくく、悪路での走行に向いている
  • グリップ力も悪くない

R1200GSに履かせていたミシュランのアナキーアドベンチャーはブロック型パターンですが、腰砕け感は一切感じられず、ロングライフでもあり、ツーリングに最適なタイヤでした。

ロードノイズは大きいです。特に高速道路では大きな音がします。


以上4種類のタイヤパターンの分類でした。注意点は、履き替えるタイヤサイズを確認して、ラインナップがあるタイヤを探していきます

次の項目ではパターン別でモデルをそれぞれ紹介していきます!

リブ型パターンのモデル紹介

ブリジストン|ACCOLADE AC・03、04

トラディショナルパターン

FRONT

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
100/90-18 M/C 56H W2.50
1.85〜2.75
644109
100/90-19 M/C 57H W2.50
1.85〜2.75
670109

REAR

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
130/80-18 M/C 66H W3.00
2.50~3.50
664134

IRC|GS19

スポーツ系コンパウンド採用

FRONT

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
90/100-18 M/C 54S2.15
1.85〜2.50
64196
90/90-18 M/C 51S2.15
1.85〜2.50
62391
100/90-18 M/C 56S2.50
2.15〜2.75
645100
100/90-19 M/C 57H2.50
2.15〜2.75
666100

REAR

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
110/90-17 M/C 60S2.50
2.15〜3.00
636112
130/80-17 M/C 65S3.00
2.50〜3.50
647127
110/90-18 M/C 61S2.50
2.15〜3.00
657112
130/80-18 M/C 66H3.00
2.50〜3.50
669127

リグラグパターンのモデル紹介

ダンロップ|TT100GP

クラシックパターン代表!

FRONT

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
3.50-8 46J WT2.50
2.15〜2.50
38388
110/90-17M/C 60H TL2.50
2.15〜3.00
637117
120/80-17M/C 61H TL2.75
2.15〜3.00
633124
120/80-17M/C 61S WT2.75
2.15〜3.00
621117
3.00-18 47S TL1.85
1.60〜2.15
62382
3.00-18 47S WT1.85
1.60〜2.15
62382
3.50-18 56H TL2.15
1.85〜2.50
656103
4.00-18 64H TL2.50
2.15〜3.00
667114
80/90H18 WT
一般公道走行不可
1.85
1.60〜2.15
61384
90/90−18M/C 51H TL2.15
1.85〜2.50
62794
90/100−18M/C 54S WT2.15
1.85〜2.15
63691
100/90−18 56H TL
110/90−18M/C 61H TL2.50
2.15〜3.00
657109
110/90−18M/C 61S TL2.50
2.15〜3.00
654109
100/90−19M/C 57H TL2.50
1.85〜2.75
662104

REAR

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
3.50-8 46J WT2.50
2.15〜2.50
38388
110/90-17M/C 60H TL2.50
2.15〜3.00
637117
120/80-17M/C 61H TL2.75
2.15〜3.00
633124
120/80-17M/C 61S WT2.75
2.15〜3.00
621117
3.00-18 47S TL1.85
1.60〜2.15
62382
3.00-18 47S WT1.85
1.60〜2.15
62382
3.50-18 56H TL2.15
1.85〜2.50
656103
4.00-18 64H TL2.50
2.15〜3.00
667114
80/90H18 WT
一般公道走行不可
1.85
1.60〜2.15
61384
90/90−18M/C 51H TL2.15
1.85〜2.50
62794
90/100−18M/C 54S WT2.15
1.85〜2.15
63691
110/90−18M/C 61H TL2.50
2.15〜3.00
657109
110/90−18M/C 61S TL2.50
2.15〜3.00
654109
130/80−18M/C 66H WT3.00
2.50〜3.50
666136
100/90−19M/C 57H TL2.50
1.85〜2.75
662104

ラジアルタイプもある

ラジアルでリメイク!

FRONT

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
120/70ZR17(58W) TL3.50
3.50
602122
110/80R18M/C 58V TL2.15
2.50〜3.00
634109

REAR

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
180/55ZR17(73W) TL5.50
5.50〜6.00
642152
150/70ZR17M/C(69w) TL4.00
4.00〜4.50
642153
140/70R18M/C 67V TL4.00
4.00〜4.50
654142

ダンロップ|F11

クラシックパターン

FRONT

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
3.00-18 4PR(47P) WT1.85
3.00-18 4PR(47S) WT1.85
3.50-18 4PR(56S) WT2.15
100/90-18M/C 56H WT2.50
3.25H19 4PR(54H) WT2.15
3.25H19 4PR(54H) WT2.15
3.50H19 4PR(57H) WT2.15

リアはK87

クラシックパターン

REAR

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
3.50S18 4PR2.15

ダンロップ|K300GP

ラジアルでリメイク!

FRONT

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
120/80-16M/C 60V TL2.75
2.15〜3.00
603119
100/90-18M/C 56V TL2.50
1.85〜2.75
637102
110/90-18M/C 61V TL2.50
2.15〜3.00
654107
100/90-19M/C 57V TL2.50
1.85〜2.75
66099
100/90-19M/C 57H TL
W800用

REAR

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
130/90-16M/C 73H TL3.00
2.50〜3.50
644135
150/80-16M/C 71V TL3.50
3.00〜4.00
644153
130/90-17M/C 68V TL3.00
2.50〜3.50
669137
120/90-18M/C 65V TL2.75
2.15〜3.00
673126
130/80-18M/C 66V TL3.00
2.50〜3.50
663129
130/80-18M/C 66H TL
W800用

ブロックパターンのモデル紹介

ダンロップ|K180

トラッカー・カスタムに最適!

FRONT

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
120/80-12 65J TL2.75
2.15〜3.00
502121
100/90-19M/C 57P WT2.50
1.85〜2.75
664104
3.00-21 51P WT1.85
1.60〜2.15
70394

REAR

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
130/80-12 69J TL3.00
2.50〜3.50
513131
120/90-10 57J TL2.75
2.75〜3.50
470119
130/90-10 61J TL3.00
3.00〜3.50
488129
100/90-12 49J TL2.50
2.15〜2.75
48997
120/80/12 55J TL2.75
2.50〜3.50
497119
180/80-14M/C 78P WT4.50
4.00〜5.00
644173
4.60-18 63P WT2.15
2.15〜2.75
657119
120/90-18M/C 65P WT2.75
2.15〜3.00
669128
130/80-18M/C 66P WT3.00
2.50〜3.50
672124

ミシュラン|アナキーワイルド

この見た目でオンロードもいける!

17インチ

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)タイヤ幅(mm)
130/80-17 65R130
140/80-17 69R140
150/70 R17 69R150
170/60 R17 72R170

18インチ

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)タイヤ幅(mm)
110/80-18 58S110
120/80-18 62S120
130/80-18 66S130
140/80-18 70R140
150/70 R18 70R150

19インチ

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)タイヤ幅(mm)
110/80 R19 59R110
120/70 R19 60R120

21インチ

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)タイヤ幅(mm)
80/90-21 48S80
90/90-21 54R90

ミシュラン|アナキーアドベンチャー

超ロングライフ!

17インチ

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)タイヤ幅(mm)
120/70 R17 58V120
130/80 R17 65H130
140/80 R17 69H140
150/70 R17 69V150
160/60 R17 69V160
170/60 R17 72R170

18インチ

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)タイヤ幅(mm)
110/80 R18 58V110
150/70 R18 70V150

19インチ

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)タイヤ幅(mm)
100/90-19 57V100
110/80 R19 59V110
120/70 R19 60V120

21インチ

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)タイヤ幅(mm)
90/90-21 54V90

ブリジストン|TRAIL WING TW101

アドベンチャータイヤ

FRONT

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
90/90-21 M/C 54H WT
100/90-19 M/C 57H WT
110/80R19 M/C 59H TL
120/70R17 M/C 58H TL

リアはTW152

リア用

REAR

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)トレッド幅(mm)
130/80R17 M/C 65H WT
140/80R17 M/C 69H WT
150/70R17 M/C 69H TL
150/70R17 M/C 69V TL
160/60R15 M/C 67H TL

IRC|TR-1

カブにもよく合う

FRONT

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)タイヤ幅(mm)
2.50-15 4PR WT

REAR

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)タイヤ幅(mm)
2.75-14 4PR WT

FRONT/REAR

タイヤサイズ標準リム幅
(適用リム幅)
外径(mm)タイヤ幅(mm)
2.50-17 38L WT
4.00-10 4PR WT

以上タイヤパターンに特徴のあるタイヤの紹介でした!これらすべて全て履ける訳ではなく、サイズが合えば使うことができるので、まずは愛車のタイヤサイズを確認してみましょう!おさらいは下記項目

より選択して、再度ご覧いただけます


以上タイヤの種類についての解説でした!タイヤのパターンや大きさはバイクの見た目を大きく変えるものと同時に走行性能にも大きく影響するアイテムです。

いろんなブランドを比較した上で、お気に入りの一本を選ぶようにすると満足いくタイヤ選びができると思います!

最後までご覧いただきありがといございます!

この記事がタイヤ選びの参考になれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。