振動対策で選ぶバイク用スマホホルダーの紹介【iPhoneのカメラは振動で壊れやすい】

「iPhoneはバイクの振動で壊れやすいと聞いたけど、対策はある?」

「振動対策の方法について知りたい」

私の携帯は光学式手ブレ補正を搭載していないスマホなので、バイクの振動でiPhoneのカメラが壊れる認識はなかったのですが、バイクの振動でカメラの補正機能が正常に機能しなくなる可能性があります。

この記事ではスマホホルダーで行う振動対策の方法や振動が多いバイクの紹介も含め解説していきます。

スマホに振動対策が必要な理由

カメラの光学手ブレ補正機能は高周波振動で壊れやすい

画像引用:https://lp.quadlockjapan.com/vibrationdampener

写真の赤いゾーンは、光学式手ブレ補正機能に、ダメージを与えやすい振動のエリアです。緑の線がダンパーあり仕様にした際の携帯への振動です。特に手ブレ補正機能に深刻なダメージを与える周波数に対して効果的に振動を吸収していることがわかります。

iPhoneは特に壊れやすい

iPhone 6 Plus以降のモデルは、カメラに光学式手ブレ補正機能(OIS)が搭載されており、特にこの機構がバイクの振動との相性が悪く、故障しやすい原因とされています。(一部のレンズには非搭載)

この内容は公式でAppleからもアナウンスがあり、iPhoneユーザーは注意が必要です。

GoProは電子式手ぶれ補正

GoProにも手ブレ補正はありますが、電子的にブレを自動補正している仕様なので、バイクに取り付けても補正機能が壊れることはありません。

私のアンドロイドは壊れてない

振動対策のスマホホルダーは必ずしも必要ではありません。光学式手ブレ補正機能がついていないスマートフォンの場合は振動によるダメージが少なく、私が使っているスマホには今の所影響はありません。

ただし、機械にとって振動は良いものではありませんので、スマホの値段が高くなっている昨今においては導入したいアイテムの一つです。

QUAD LOCKが公式でアナウンスしている取り付け推奨車両

スマホホルダーの振動対策は、特に振動が大きな車両においては取り付けが推奨されます。クアッドロックの公式HPに取り付けが推奨される車種が掲載されています。

HondaCB, CBR, CRF, Grom, Shadow
KawasakiEr-6n, KLX, Ninja, Versys, Z650, Z900RS
SuzukiDRZ, GSF, GSX-R, GSX-S
YamahaMT, FZ, Tracer, XJ600, XSR 700/900, R6, YZF-R1
BMW310GS, F800 R/GS/GT, R nine T, R1200GS/RT, S1000R
DucatiHypermotard, Monster, Multistrada, Supersport
Harley DavidsonFat Bob, Low Rider S, Street Bob, Wide Glide
TriumphBonneville, Rocket 3, Scrambler, Speed Triple, Speed Twin, Thruxton
KTM & HusqvarnaAll Models
MV AgustaBrutale

R1200GSは振動が大きいなとは思っていましたが、対象車両でした。笑

単気筒は全般振動が大きいと思います。125ccでも振動に関しては侮ってはいけませんし、HONDAにはグロムの文字もしっかり明記されていますね。

振動対策で選ぶバイク用スマホホルダー

以上の事例から、光学式のカメラを搭載した携帯に限らず、バイクでスマホを仕様する上での振動対策はできるだけ行った方が良い問題です。ただし、あくまで振動を減らすことが目的なので、下記で紹介しているホルダーで壊れないことを保証する製品でないことに注意します。

QUAD LOCK(クアッドロック)

\振動を減らす仕組み/
画像引用:https://lp.quadlockjapan.com/vibrationdampener

シリコン製のダンパーにより、振動を軽減しています。

製品パッケージ紹介

QUAD LOCKではマウント・ケース(もしくはユニバーサルアダプター)・ダンパーの3点が必要です。

マウント

商品名ハンドルバーマウント V2 モーターサイクル
メーカー希望小売価格¥6,050(税込)

直付けも可能です

ケース

商品名(機種別)ポリカーボネイト製ケース
メーカー希望小売価格¥4,180(税込)

ケースに貼り付けるユニバーサルタイプもあり

商品名汎用ユニバーサルアダプターV2
メーカー希望小売価格¥1,815(税込)

吸収ダンパー

商品名衝撃吸収ダンパー モーターサイクル用
メーカー希望小売価格¥3,080(税込)
\RAMマウントユーザーならこれ/

私はラムマウントを使っていますが、この製品に対応したクアッドロックの製品もあります。

商品名1インチボールアダプター RAMマウント用
メーカー希望小売価格¥3,740(税込)

ラムマウントは取り付け・取り外しが可能で、見た目もスッキリしているのでオススメです。

特に大型車はハンドル位置が遠いので、手前に引き出せるラムマウントの利便性が良いです。アームの長さも3種類あり、好みに応じて付け替え出来るのも◎

SP CONNEC(エスピー コネクト)

\振動を減らす仕組み/

振動軽減モジュールによって振動を吸収しています。

この仕組みによりSP CONNECTでも振動対策としての効果が表れています。

画像引用:https://www.daytona.co.jp/special/sp-connect/mounts/avm.php

写真はデイトナの公式動画より一部抜き出したものです。このように、マウント部が稼働することにより、振動が直に伝わらない機構になっています。

製品パッケージ紹介

マウント

商品名モトマウントプロ
メーカー希望小売価格ブラック:¥9,350(税込)
クローム:¥11,880(税込)

クロームタイプもあり

クローム


多種多様なマウントシステム

ステムホールの穴を利用してマウントするタイプやハンドルクランプのボルトを取り替えることで取り付け出来るマウントシステムもあります。

商品名モトステムマウント
バークランプマウントプロ
メーカー希望小売価格モトステムマウント:¥9,350(税込)
バークランプマウントプロ:¥9,350(税込)

モトステムマウント

バークランプマウントプロ

ケース

商品名(機種別)フォンケース
メーカー希望小売価格¥4,620(税込)

ケースに貼り付けるユニバーサルタイプもあり

商品名ユニバーサルインターフェイス
メーカー希望小売価格¥2,970(税込)

吸収ダンパー

商品名アンチバイブレーションモジュール
メーカー希望小売価格ブラック:¥3,949(税込)
クローム:¥4,609(税込)

クロームタイプもあり

クアッドロック VS SP CONNECTの比較

仕上がりの良さはSP CONNECTが圧勝

どちらも製品の魅力度は高いのですが、SP CONNECTにはクローム仕上げがあるので、ハーレーやカスタムバイクなどのハンドル周りにメッキが多く使われているのであれば、雰囲気に馴染むのが特徴です。

SP CONNECTの製品はCNC切削で削り出された部品がカッコイイですね!

費用はクアッドロックの方が若干安い

下記の表は専用のスマホケースを使う場合の価格で計算しています。

クアッドロックSP CONNECT
マウント¥6,050(税込)¥9,350(税込)
ケース¥4,180(税込)¥4,620(税込)
吸収ダンパー¥3,080(税込)¥3,949(税込)
合計¥13,380(税込)¥17,919(税込)

\SP CONNECTにはセット販売がある/

SP CONNECTにはセット販売があります。

モトバンドル

¥13,750(税込)

※ スマートフォンが対応しているか確認が必要です。

モトバンドルユニバーサル

¥11,000(税込)

携帯の背面に貼り付けます。

クアッドロックをRAM MOUNTと組み合わせる/

下記の表は専用のスマホケースを使う場合の価格で計算しています。

クアッドロック
1インチボールアダプター
RAMマウント用
¥3,740(税込)
吸収ダンパー¥3,080(税込)
ケース¥4,180(税込)
RAM MOUNT
アーム
¥1,650(税込)
RAM MOUNT
U字クランプ
¥1,980(税込)
合計¥14,630(税込)

すでにRAM MAOUNT取り付けてるよ!な人は¥11,000(税込)なので、この組み合わせが良いと思います。他のバイクへの付け替え等も簡単ですしね!


ということで、クアッドロックの方が専用ケースを用いた場合のメーカー価格は安いのですが、SP CONNECTはマウントの多様なバリエーションがあるので、より好みのスマホホルダーを選ぶことが可能です。

スマホホルダー以外での対策方法

古い携帯をデザリングで使用する

携帯を2台持ちする必要はありますが、バイク専用にスマートフォンを使用し、ナビや音楽などをデザリングで使用する方法です。この機能であれば最新のスマホでなくても良いので、高いスマホを使う必要がありません。防水のスマホだと、より◎です!

また、USB電源から給電すればバッテリー切れの心配なく使えますが、バッテリーの負担が大きくなるので、携帯の寿命の観点で見ても、スマホのバイク専用化はオススメです。


以上振動対策に関するスマホホルダーの解説でした!最後に、近年のスマートフォンは定価で10万円以上するハイスペック機種が増え続けています。カメラが壊れると修理費も高額になるので、できるだけスマホホルダーで振動対策した方が良いですね!

この記事がスマホホルダー選びの参考になれば幸いです!

下記ではスマホホルダーと合わせて使いたいUSB電源を紹介しています。

≫ デイトナのバイク用USB電源を取り付ける【ブレーキスイッチから分岐で簡単!】はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です