バイクの防寒対策はワークマンで乗り切る!【売り切れ勘弁】

「寒すぎてバイクでの通勤が辛い。。」

冬のバイクって本当に寒いですよね。私もバイク乗りたての頃は防寒ウェアまでお金が出せなかったので、薄着で乗っていましたが、まぁ必死で寒さに堪えながら乗っていた記憶があります。笑

そんな状況で救世主になるのがワークマンです。バイク用のイージスもラインナップが拡充し、安さで言えば右に出るものはなほど買いやすいです。

この記事では、おすすめのバイク用防寒ウェアを解説します。今年の冬はより快適にバイクライフを楽しみましょう!

快適にライディングするためのウェア・ギアの紹介

ワークマンのバイク用ウェアおよび、バイクでも使えるアイテムについて特にこれはいいな!と思ったアイテムをピックアップしました。主に2021年モデルをメインにご紹介しています。

上半身の寒さを解消するアイテム

ウィンタージャケット

出典:ワークマン

インシュレーション(中綿)入りで保温力が高く、防水なので冬場において大活躍間違いなしです。色は3色あり、黒は合成皮革、ネイビーとサンドはデニム生地になっており、デザインも良いです。

価格:6,800円

素材表地:ポリエステル100%
中わた:ポリエステル100%
裏地:ポリエステル100%
透湿(ネイビー・サンド)透湿度8,000g/m2/24h
(ブラック)透湿度500g/m2/24h
洗濯可能(手洗い推奨)
仕様防水
反射プリント付き
その他の注意事項防水性優先なので、暑いと感じたら前たてを少し開けてください

この商品をみる


コストパフォーマンスに優れ、防水・透湿ジャケットはバイクのウェアとして心強い仕様です。また、脇にあるベンチレーションファスナーで、暑くなった際も中の蒸れを逃し、快適に使用できるおすすめの一着です。

価格:4,900円

素材表地:ポリエステル100%
中わた:ポリエステル100%
裏地:ポリエステル100%
耐水圧
透湿
耐水圧 15,000mm
透湿度 5,000g/m2/24h
洗濯可能(手洗い推奨)
仕様防水
ベンチレーションファスナー付き
止水ファスナー
反射プリント付き
その他の注意事項防水性優先なので、暑いと感じたら前たてを少し開けてください

この商品をみる

電熱ベスト

出典:ワークマン

電熱ベストは私も使っていますが、肩周りがダブつかないので、着膨れしにくく、使い勝手が抜群に良いです!特に、防寒に効果的な首を保温できるので、このアイテムだけでも相当な防寒対策になります。

価格:3,900円

素材表地:ポリエステル100%
中わた:ポリエステル100%
裏地:ポリエステル100%
洗濯可能(手洗いのみ)
仕様撥水加工
反射プリント付き
その他の注意事項バッテリー別売り

 レビュー

(ワークマンより抜粋)

評価:
(4.0)

オートバイから直接給電出来ればバッテリー残量を気にせず丸一日使えます。専用電源ケーブルの販売、またはUSB給電が使えればもっと良いです。

この商品をみる

別売りのモバイルバッテリーが必要です
出典:ワークマン

ワークマンの電熱ベストは専用のバッテリーで動きます。その分、USBバッテリーで動く電熱ベストより高出力での使用が可能で、ここぞというときの寒い冬に暖かい仕様です。

価格:1,900円

電圧2段階調節(8V・6V)
質量約130g
充電時間約3時間
連続稼働時間6V:約8時間  8V:約4時間30分
付属ACアダプター

 レビュー

(ワークマンより抜粋)

評価:
(4.0)

去年は売り切れで買えなかったので、寒くなる前に買いました。バッテリーも小型で使いやすそうです。

この商品をみる

インナーウール

出典:ワークマン

肌に最も近いウェアをウールにするメリットは、素材が持つ吸湿発熱性により保温性がぐんと上がることです。薄手ではありますが、この上にシャツ、ジャケットを組み合わせることで非常に暖かいです。去年は完売したので、見つけたら即買いでも良いぐらいです。

価格:1,900円

素材ウール100%
洗濯手洗い推奨
(中性洗剤を使用し、タンブラー乾燥は禁止)
その他の注意事項

 レビュー

(ワークマンより抜粋)

評価:
(5.0)

海外アウトドアブランド製は1万円超えするメリノ100%アンダーが手軽に着れる! チクチクすると書込みがありますが個人差だと思います。
スマートウール、アイスブレーカー等と比較しても着心地に遜色はありません。

この商品をみる

足回りの寒さを解消するアイテム

ウィンターパンツ

出典:ワークマン

こちらもジャケットと同じ素材を用いた中綿パンツです。ボトムの冷えは上半身に伝わるので、脚の保温性は冬場ではかなり重要です。中綿入りのライダーズパンツは高いので、これは買いですね!

価格:4,900円

素材表地:ポリエステル100%
中わた:ポリエステル100%
裏地:ポリエステル100%
透湿(ネイビー・サンド)透湿度8,000g/m2/24h
(ブラック)透湿度500g/m2/24h
洗濯可能(手洗い推奨)
仕様防水
膝パッドポケットあり(パッドは付属しません)
その他の注意事項防水性優先なので、暑いと感じたら前たてを少し開けてください

この商品をみる


インナーウール

出典:ワークマン

ウールのインナータイツです。バイクだけでなく、キャンプや普段着にも使えます

価格:1,900円

素材ウール100%
洗濯手洗い推奨
(中性洗剤を使用し、タンブラー乾燥は禁止)
その他の注意事項

この商品をみる

顔まわりの寒さを解消するアイテム

マルチネックゲイター

出典:ワークマン

ウールの良さは匂いにくいことです。特に口周りのネックゲーターは化学繊維のものは匂いやすいです。薄手ですが、冷気が顔に当たらないだけでも防寒効果はぐんと違いますし、値段も安いのでおすすめの一品。

価格:780円

素材ウール100%
洗濯手洗い推奨
(中性洗剤を使用し、タンブラー乾燥は禁止)
その他の注意事項

この商品をみる

手の寒さを解消するアイテム

防水レザーグローブ

出典:ワークマン

中綿入りのレザーグローブで、シンプルな表情で使いやすそうです。真冬よりは春とか秋の端境期で使いやすそうなグローブです。こちらは残念ながら店頭販売のみですが、やぎ革を使っていているので、しなやかで使い勝手良さそうですよ!

価格:3,900円

素材本体皮革部分:やぎ革
パイピング部分:合成皮革
中わた:ポリエステル100%
仕様防水
中綿入り
その他の注意事項

この商品をみる

電熱グローブもおすすめ

車載バッテリから電気をもらって発熱します

ワークマンでは取り扱いがありませんが、手の冷えに関しては電熱グローブ、グリップヒーターの組み合わせが操作性・防寒性ともに最高です。

電熱グローブは値段の安いものではありませんが、冬場の指先が冷えてしまう感覚がかなり減り、おすすめのアイテムです。バッテリーで動くモデルもあり、通勤時に便利です。

» おすすめの電熱グローブについてはコチラ

足回りの寒さを解消するアイテム

ウィンターブーツ

出典:ワークマン

シューズの裏地がボアフリース仕様の防寒シューズです。このシューズを選ぶ際は、厚手のソックスと組み合わせることで、冬場の足の防寒対策は安心です。

価格:2,900円

素材合成皮革・ゴム底
仕様先芯/鋼製
その他の注意事項

 レビュー

(ワークマンより抜粋)

評価:
(5.0)

バイクに乗るのに防寒対策で買いました。 さすが安全靴なだけあって頑丈。 もしもの時にも安心。 防風であったかい。 そこも厚くていい感じ。 使い方次第では5年以上使えそう。

この商品をみる

ワークマンの特徴について解説

ネット注文→店舗受け取りなら送料無料!

オンラインストアでの注文品を店頭受け取りにした場合、送料がかかりません!たとえ1点でもOKなので、近くにお店があればぜひ活用したいサービスです。

自宅で受け取る場合は送料が発生します。

在庫があれば、最短3時間で受け取り可能

オンラインストアで注文した商品が受け取り店舗に在庫がある場合、最短3時間で店頭受け取りが可能です。特に今回紹介したアイテムなどは分単位で売り切れたりするので、先にオンラインで確保しておくことも可能です。

Q&A

注文に関してのQ&Aを公式ページよりピックアップしました。

受け取り店舗を変更できますか
注文確定後の変更はできませんのでご注意ください。
店舗での受け取り期間はいつまでですか
店舗での保管期間は店舗到着メール送信日から 10日以内です。
オンラインストアで購入し、受け取りを店舗にした場合、発送から店舗到着まではどのくらいかかりますか
配送の目安は3〜6日程度です。(沖縄・離島地域はさらにかかります)

ウェアと合わせて買いたい最強防寒グッズ

グリップヒーター

手の冷えに効果的なグリップヒーターは冬の必需品です。

手の冷えに困っているなら、グリップヒーターはおすすめです。グリップヒーターのポイントは、暖かくなるのは手のひら・指先なので、冬用のグローブと組み合わせて使うことで最大限の効果を発揮します。

しかし、グリップヒーターにもグリップ交換式や巻きつけタイプなど種類も豊富で、どれが最適なのか見つけるのが大変です。この記事で説明すると長くなるるので、別記事で解説しています。ぜひ、合わせてご覧ください。

» おすすめのグリップヒーターについてはコチラ

ウィンドスクリーン

ウィンドスクリーンの効果侮るなかれ、です。

ウィンドスクリーンのついていないバイクなら、スクリーンをつけることで上半身に受ける風がかなり軽減されます。これだけでも十分防寒対策になります。

注意点はバイクの見た目が大きく変わってしまうことです。車種によっては純正品でロングスクリーンに交換できる車種もありますが、バイクの見た目は変わるので、見た目を取るか、快適性を取るかの戦いになります。笑

冬用ブーツ

厚手のソックスを履くことができる点に注目です。

冬用に靴を用意することも防寒対策の一つです。なぜなら、足先の防寒はソックスの厚みが大切ですが、厚くすると普段履いている靴のサイズでは限界があるからです。

ただ、冬用にシューズを用意するのはお金のかかる話なので、足先用カイロを使うのも一つの方法かもしれません!

シートウォーマー

厚手のソックスを履くことができる点に注目です。

最後に紹介するのがコチラ。コミネから出ているシートヒーターです。ここまでくれば、ラグジュアリーな冬のライディングになること間違いなしです。笑


以上ワークマンで冬を乗り切るための防寒グッズの紹介+併せて導入したいアイテムのご紹介でした!

他にもワークマンにはキャンプで使えたり、普段の生活で使える魅力的な商品がたくさんあるので、ぜひオンラインストアでチェックしてみてください。

オンラインストアをみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です