バイクに人身傷害保険は必要か?→必要!搭乗者傷害保険の違いについて【任意保険】

「バイクに人身傷害保険は必要なのかな?」

人身傷害保険って高いですよね。特に若い頃は。それでも、私は強くお勧めしますし、特に若い世代のうちは必要だと思います。

この記事では人身傷害補償特約と搭乗者傷害保険の違いについて解説します。

人身傷害補償特約と搭乗者傷害保険の違いについて

任意保険を組んでいく中で、人身傷害保険や搭乗者傷害保険をつけるかどうか選択するシーンに直面するかと思います。

この記事では、その2つの大事な違いについて解説します。

人身傷害補償特約の特徴

人身傷害保険
過失割合に関係なく実際の損害額が支払われる特約で、設定した金額に対しての保険が出ます

人身傷害は、自分自身含め実際の損害額を補償します。仕事に行けなかった分の給料等も保証されます。つまり、保険料は高いですが、手厚い保険なのです。

保険金の支払いは定額である搭乗者傷害保険の方が早い特徴があります。

タンデムの場合

乗る人が親族でない場合(友人など)
搭乗者傷害保険及び対人賠償が適応されます。無理に人身傷害保険に加入する必要はありません

人身傷害補償特約のポイント

人身傷害保険を選択する際のポイントをまとめます

  • 保険料は高いが、実際の損害に対して保険金が支給される
  • 搭乗者傷害保険の方が保険金が出る速度が早い
  • 搭乗者傷害保険と組み合わせて加入することも可能

実損害に対しては貯金で対応する場合は搭乗者傷害保険で対応できますが、いつ、どのような事故に遭うかはわからないのがポイントです。

搭乗者傷害保険の特徴

搭乗者傷害特約
定額の保険金が支払われる特約です。補償金額は高くはありません

自分自身含め入院・通院する場合、部位・症状に応じて一時金を医療保険金として支給してくれます。金額は保険会社により異なりますが、定額のため支給額が低いです。

搭乗者傷害保険は人身傷害保険に比べスピーディーに支払われます

タンデムの場合

乗る人が親族の場合(父母・配偶者・子)
親族の場合は対人賠償での保険金がありません。そのため、搭乗者傷害保険は出ますが定額で額は低いです。

家族、配偶者のタンデムでは、人身傷害補償でないと高額な医療費を払えない状況に陥りやすいです。

搭乗者傷害保険のポイント

搭乗者傷害保険を選択する際のポイントをまとめます。

  • 定額での保険金が支給されるため、実損に関しては貯金で対応する必要がある
  • 保険金がスピーディーに支払われる

 

任意保険の見直しで維持費を抑える

人身傷害保険はお伝えした通り、大変手厚い保険ですが保険料が高いという特徴です。

そこで毎年更新する度に任意保険を見直すことで保険料を抑えつつ人身傷害保険を検討することが出来るようになります。

インズウェブでは無料で見積もりが可能ので、今の保険を見直すきっかけとして、活用するのがオススメです。


MEMO

インターネットで加入できる保険の中では三井ダイレクト・アクサダイレクト・チューリッヒが安いので、3社をベースに、他に気になる保険会社を追加して最大5社から比較することが可能です。

バイク保険の一括見積もり「インズウェブ」

インズウェブでバイク保険の一括見積りをする



以上、人身傷害補償特約と搭乗者傷害保険の違いについて解説しました。

保険は損害に対して貯金等で対応できない状況を避けるためのものです。つまり、自分自身を守るための保険でもあります!

不意の事故は予想ができないので、良きバイクライフのためにも人身傷害保険や搭乗者傷害保険は検討してみてください。

【バイク・任意保険】保障プランの違いや、実際の保険料を紹介 【125ccの保険】ファミリーバイク特約ではなく、任意保険を選ぶ理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です