EVERNEW チタンアルコールストーブとTRANGIAとの比較【レビュー】

本日はアルコールバーナーをご紹介します。私は他にTRANGIAのアルコールバーナーを持っています。

TRANGIA アルコールバーナー

バーナーとしての機能の差はあまりありませんが、この製品ならではの良さもあるので、EVERNEWとTRANGIAを比較しながらご紹介したいと思います。

EVERNEWの優れたポイント

軽量である

このアルコールバーナーは蓋等は付いていないシンプルな構造です。

MEMO
TRANGIAのアルコールバーナーは蓋が付いていて、燃料の携帯ができます

燃料は携帯できないものの、素材がチタンということも相まってとても軽量です。

重量タンク容量
EVERNEW36g70cc
TRANGIA65g(蓋なし)

この製品の場合は燃料の携行はできないので、必要な燃料を入れて燃やしきる仕様です。

TRANGIAの場合

TRANGIAの場合は蓋付きです。蓋にゴムパッキンがついているので、アルコールを入れたまま携帯することが可能です。

初めてアルコールバーナーを使う場合は適切な燃料の量を把握することが難しいので、たっぷりアルコールを入れて、途中で火を止めて、残りは携帯する使い方となります。

蓋つきの総重量は109gです。おおよそシングルバーナーと同じぐらいの重さになります。

焼き色が美しい

この製品に限った話ではありませんが、チタン製品の特徴(魅力)はこの焼き色ではないでしょうか

EVERNEWのこのアルコールバーナーはシンプルな形状なので、製品としての美しさがありますよね。

  

組み合わせて使いたいアクセサリー

ウィンドスクリーン

アルコールバーナーは風に弱いです。できる限り風を防げる場所で使うのが得策ではありますが、それでも防ぎきれない時はウィンドスクリーンを使います。

EVERNEWのウィンドスクリーンはチタンの薄板が2枚の組み合わせです。

組み立てて重ねることで上のように立派なスクリーンとして使用できます。

私なりの収納方法としては、カップに巻き付けます。このカップは取っ手のないカップ(Snowpeak 雪峰)なので、巻きやすいです。

写真のようにカップに巻き付けたものを

シングルカップに収納することで、カップ同士が当たるのを防ぎつつ、ウィンドスクリーンも収納が可能な優れものです。

 

五徳

五徳は写真に映っているバーナー本体に映っているものです。

EVERNEWの五徳は同じEVERNEW製品の組み合わせはもちろんのこと、TRANGIAのバーナーにも使用が可能です。

この五徳もチタン製となります。

  

この記事で紹介したアイテムはこちら

EVERNEW編

本体と組み合わせて使うもの

バーナーと合わせて使いたいカップ

これらを組み合わせた際の収納のイメージはこんな感じです。

TRANGIA編


下記ではバイクキャンプツーリングで特にオススメな道具をまとめて紹介しています。

【2020年ver.】本当に買ってよかったオススメのキャンプ道具 50選【バイクキャンプツーリング】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!