『観光地編』バイクで北海道!ポイントをライダー目線で紹介します(2016 ver.)

[voice icon=”” name=”Me” type=”r”]2016年にHONDA CB400SFで大阪から本州最北端、青森の大間に行き、そこから北海道への約1か月、宿には止まらずテントで生活していました。[/voice]

旅で使用していた道具など、バイクライフにお役立ていただける情報をご紹介します。

広大で全てを回りきるのは難しいです

北海道は広いので、紹介する場所を短期間で巡るのは大変です。写真を見て、行きたい場所をセレクトするのがオススメです。

[colwrap] [col2][/col2] [col2]

神威岬

オススメ度:★★★★

アクセスのし易さ(駐車場):★★★★

[/col2] [/colwrap]

 

両サイドの海の青さと、岬の緑のコントラストが絶景の場所です。岬の先までは駐車場から片道約20分は歩きますが、ここは是非とも訪れておくべき場所です。晴れの日がオススメです。

青の美しさは絶景です。

 

[colwrap] [col2][/col2] [col2]

開陽台

オススメ度:★★

アクセスのし易さ(駐車場):★★★★

[/col2] [/colwrap]

 

北海道ならではの景色です。標高の高い山がないので、360度に渡って見晴らしが良いです。特に、駐車場手前、坂を登り切った後の見晴らしの良さに感動します。

開陽台周辺は道が開けて走りやすいので、ツーリングしていて気持ちの良い場所です。

[colwrap] [col2][/col2] [col2] [/col2] [/colwrap]

 

[colwrap] [col2][/col2] [col2]

神の子池

オススメ度:★★★★

アクセスのし易さ(駐車場):★★

[/col2] [/colwrap]

 

とにかく青いです。次でご紹介する青い池よりも透明度が高く、神秘的です。水温が年間通して8度と低いため、倒木が腐らずに沈んでいます。青い成分は銅が関係していると言われています。

アクセスに関しては、固められたダードが続きます。暴走しなければ、問題なく駐車場までアクセスできますが、舗装路ではないので、注意は必要です。

 

[colwrap] [col2][/col2][col2]

青い池

オススメ度:★★★

アクセスのし易さ(駐車場):(要注意)

[/col2] [/colwrap]

 

神の子池に続く青い池ですが、青さは神の子池ほどでもなく、年々この青さも消えているそうです。

青い池へのアクセスは難しく、かなりのダートです。凹みも多いので、車重の重いツーリングバイクでのアクセスは特に注意が必要となります。

 

[colwrap] [col2][/col2][col2]

知床五湖

オススメ度:★★★★

アクセスのし易さ(駐車場):★★★★

[/col2] [/colwrap]

 

知床五湖は遊歩道があるので、歩くことができます。このトレッキングは是非とも歩いてみてください。大自然そのままの北海道を体験できます

この辺りは熊の生息地でもあるので、フィールドへ出る前に熊に対しての心構え、注意点等のレクチャーを受ける必要があります

正面に見えるのが知床連山です。そして、一番右の山が羅臼(ラウス)岳といいます。連山が湖面に映る景色は最高でした。ここまで湖面が穏やかで晴れた日は少ないので、良いタイミングで訪れることができました。

[aside]知床峠は晴れた日が最高
羅臼岳の麓にある知床峠バイクにとっては最高の道です。道がきれいで幅も広く、カーブが緩やかなので、そこを駆け抜ける時の爽快感はここでしか体験できません [/aside]

羅臼岳と峠と青の対比は是非体験してみてください。

 

[colwrap] [col2][/col2] [col2]

白い貝殻の道

オススメ度:★★★★

アクセスのし易さ:★★

[/col2] [/colwrap]

 

白いのは貝殻が敷いてあるためです。もともとぬかるみがあったために、車が通れるように砕いた貝殻を敷いたのが始まりだと言われています。その白さと海の青と緑が絶景です。

[aside]道自体は意外と走りやすいですが、舗装路ではないので、速度を落として、ゆっくり走りましょう[/aside]

 

[colwrap] [col2][/col2][col2]

網走刑務所

オススメ度:★★★

アクセスのし易さ(駐車場):★★★★

[/col2] [/colwrap]

北海道の道路は刑務所の囚人との関わりが非常に強く、壮絶な歴史を知ることができます。見所はたくさんありますので、十分楽しめる場所です。

ここでは監獄めしを食べることができまして、夏に美味しいホッケ定食をいただきました。さすがの北の大地、食材が美味しいので、ここに来た際にはぜひ食してください!

 

北海道は観光地でない場所が美しいです

放牧されている馬

屋根の下に集まる放牧されたポニー

これだけ広大なのに、なぜか屋根下に集合するのが可愛らしいですね。笑

富良野・美瑛エリアにあるジェットコースターの道

実際に走ると、大きなアップダウンではないので、ゆっくり走って、広大な景色を見るのが良いですね。

開陽台近くに現れた野生のキツネ

野生のキツネは、今回の旅では1匹しか遭遇しませんでした。歩き方が猫と犬とは違っていて、見た瞬間に分かります。

モアン山に描かれた「牛」の文字

北海道ならではの「牛横断注意」

放牧された牛と緑の対比

湿原

自転車旅

道北はひたすら直線なので、自転車旅にとっては一番辛い場所だと思いますが、バイクだと数時間で走れてしまうので、その土地の風を感じるには自転車が一番最高の方法だと感じました。

エサヌカ線

エサヌカ線は広域農道になり、オホーツクラインと並行して走っています。その為、直線で信号も歩道もありません。

利尻岳

富士山に似た形が美しい山です。北海道に訪れたならば、利尻と礼文はオススメとされています。どちらもフェリーで行くことができます。

 

以上、私が訪れた場所でした。他にも良い場所があるので、ぜひ訪れて確かめてみてください。


『キャンプ場編』(2016 ver.)

『キャンプ場編』バイクで北海道!ポイントをライダー目線で紹介します(2016 ver.)

『道具編』(2016 ver.)

『道具編』バイクで北海道!ポイントをライダー目線で紹介します(2016 ver.)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です