「未成年・20歳」でバイクを持つ際の保険料・維持費はいくら?

この記事では20歳およびそれ未満でバイクに乗るとなると、いったいいくらかるのか?について解説します。

20歳で加入する任意保険料は85,560円

高いんですが、若いうちはとにかく保険が大事です!

20歳の任意保険料は高い

バイクは自賠責保険(加入必須)と、それでは払いきれない補償に対しての任意保険があります。

任意保険未加入だと、万が一の賠償・治療費の際に支払いができません

大学生は重要な時期です。将来の進路の方向性が決まり、これから稼いでいく時です。

事故で破産とならないよう、必ず入るようにしましょう。

ご覧の通り、20歳で初めて加入するバイクの任意保険は85,560円(対人無制限)です!高い。。。

ちなみに、上記の金額は人身傷害保険を含まない保険金額となります。

人身傷害は過失に関係なく保険金が支払われる制度です。詳しくは下記でじっくり説明しています。

【任意保険】搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違いについて

21歳以上からは特約あり

各保険会社では○○歳以上で割引を適応できる特約を用意しています。利用できれば、任意保険料はぐっと下がります。

無事故で割引制度あり

保険を更新する際、無事故であれば等級が上がります。結果保険料が安くなります。

事故を起こすと等級が下がります。保険料は高くなります。

20歳でバイクを維持するために必要なお金

次にバイクを維持する視点での費用を見てみます。

設定は私が20歳で進みます。20歳は一つに大学生になって初めてバイクを検討していること、そして保険料が最も高い年代であることにフォーカスしています。所有するバイクはHONDA CB400SF(400cc)です。

月5万円の給料で、中型バイクを持つ際に、年間いくらかかるのか計算します。

税金等

まずは税金です。これは必須となります。

自賠責保険は2年ごとですが、一年にしました。

自賠責保険料について

自賠責保険の金額は記事執筆時の金額(2018年)で、現在は下がっています。

400ccは車検があります

車検は2年に1回(新車購入時は3年目)行われる検査になります。

今回はバイク屋に預けて、検査を代行したとします。基本的な点検を行う場合、50,000円かかるとします。ただし、新車か中古車か、点検項目の数、交換部品等で金額は大幅に変動します。

上記金額は1年あたりです

エンジンオイル

バイクには様々なオイルが使用されています。磨耗するため、定期的な交換が必要です。

エンジンオイル

7,000円(5,000km)※CB400SFの場合

CB400SFはオイルを約4L消費します。その為、バイクの中でも比較的オイル交換費用は高いです。

価格はユーザーで交換した場合なので、バイク屋だと、工賃が発生します。

ガソリン代

CB400SFはだいたい21km/Lの印象です。 年間5,000km走る場合は、ガソリン130円/Lの計算で30,952円です。

チェーンオイル類

バイクを長く、大切に乗るには、メンテナンスが必要不可欠です。潤滑剤、保護剤などは、長く、大切に乗る上で大切なことです。

一年あたり約10万+保険代

結果として、月に5万の安定した給料があるとすれば、60万の手取りに対し、残りは約50万となります。ここから、任意保険料、ウェア、ヘルメット、タイヤなどの費用に当ててください。

くれぐれも安全運転で!

保険は大事です

なんだかんだで、やっぱりお金はかかるものです。それでも、車よりは安いですね!

最後に繰り返しではありますが、保険は本当に大事です。

その上で、保険を契約するなら、数社見積りを行い、比較するのがオススメです。

MEMO

インターネットで加入できる保険の中では三井ダイレクト・アクサダイレクト・チューリッヒが安いので、3社をベースに、他に気になる保険会社を追加して最大5社から比較することが可能です。


バイク保険の一括見積もり「インズウェブ」

インズウェブでバイク保険の一括見積りをする

改めて保険の大切さをより深く理解してもらいたいので下記の記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です