【125ccの保険選び】ファミリーバイク特約ではなく、任意保険を選ぶ理由

以前、大型バイクの任意保険を更新する際に各保険会社の保証内容を比較する記事を公開しました。

【バイク保険比較】今年もバイクの任意保険は三井ダイレクトで契約しました

今日は125ccの任意保険について解説していきたいと思います。

125ccはファミリーバイク特約に加入が出来る

125ccは他の排気量のバイクと違い、自動車保険に追加する形としてファミリーバイク特約に加入が出来ます。

ファミリーバイク特約
「ファミリーバイク特約」は、原付を運転中に事故があった際、相手方への対人・対物賠償はもちろん、「人身傷害」または「自損傷害」のいずれかのタイプをセットいただくと、原付を運転されている方のおケガ等もお車の契約内容に応じて補償する事ができます。

そのため、車を持っていれば、その保険に付帯する形で契約することで保険料が安くなります

ファミリーバイクのメリット
保険料は一定で、事故が起きても保険金額に変動はありません

多くの人はこのファミリーバイク特約を使って保険契約しますが、私はチューリッヒのバイク保険に加入しています。そのメリットをご紹介します。

  

任意保険のメリット

任意保険のメリットはレッカー移動が出来ること

ファミリーバイク特約の場合、一般的にロードサービスは付帯しません。ロードサービスの内の一つ、レッカー移動があるのですが、これを使うタイミングについてご紹介します。

例えばこんなトラブル
出先でトラブルが起こり、走行不能になってしまう
自宅でエンジンをかけようとしてもかからず、修理を必要とする

こんなときにレッカーサービスが必要となります。ファミリーバイクでレッカー移動を付帯したい場合はJAFに加入することで対応できますが、その分任意保険の加入より金額がトータルで高くなる場合が多いです。

私のトラブルを紹介
私が買った中国製のGN125ですが購入当日よりセルがうまく機能しません。(100回押したら一回かかるイメージ)
 
幸いにもキックで始動できるのですが、なければバイクショップへ移動させる手段としては時間は車に積み込むか、押していくかになりますが、ショップの距離によっては押すのは現実的でない場合がほとんどです。この場合は任意保険のレッカーを利用するのが得策です。

  

携行品特約を付帯出来る

私がチューリッヒのバイク保険に加入している理由は、この携行品特約を適応できるからです。隅発の事故による携行品が破損した際に、保険金を受けとることが出来ます。カメラなどは10万近くするものもありますし、保険料任意保険でカバーできるのは大変ありがたいことです。

例えばこんなトラブル
走行中に積んでいた道具が落ちて壊れ、買い換えが必要なときに携行品特約をつかって保証金を受けることが出来ます。

落下して損傷を受けた場合の修理の場合は修理費も対応が可能です。この保険の場合、被保険者の過失がないことが前提となりますので、荷が緩んでいたことによる落下は保証対象内か否かは怪しいところです。

  

継続するごとに保険料は下がっていく

任意保険は自身の等級が上がるごとに保険料が下がっていくメリットがあります。最初はもちろんファミリーバイク特約が安いですが、年々その差は縮まっていき、最終的な金額差はわずかなものとなります。

125ccの自賠責保険は最長5年単位で契約ができるので、長期で乗ってメリットのある排気量となっています

ちなみに、ファミリーバイク特約は保険料は毎年一定です

  

私の保険料内訳

最後に、私の場合の保険料の内訳をご紹介します。125ccはメインで使うバイクでないため、走行距離の設定は少なめになっています。

まずは申し込みの際の情報を説明します。

年間予定走行距離3,000km未満
対人・対物無制限
携行品特約あり
弁護士費用特約なし

以上の特約をセットし、申し込みをしています。一年目の保険料は携行品特約をいれずに13,680円でしたが、二年目となる今回の更新で携行品特約に申し込み、11,900円となりました。

MEMO
携行品特約は5万・10万と選べますが、今回は5万です。携帯、アクションカメラが大体5万あればとの理由です

  

保険は定期的な見直しをオススメします

保険申し込みの際に特約を変更することでより保証内容が充実します。私が保険申し込みの際に比較した三井ダイレクト・アクサダイレクト・チューリッヒの特徴や私が選んだ保険についてまとめていますので、あわせてご覧ください。

【バイク保険比較】今年もバイクの任意保険は三井ダイレクトで契約しました

また、保険の比較には保険の窓口インズウェブが便利でオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です