【125ccの保険】ファミリーバイク特約ではなく、任意保険を選ぶ理由

この記事では125ccの任意保険について解説していきたいと思います。

125ccは任意保険に自動車の保険に付帯するファミリーバイク特約もしくは任意保険に加入ができますが、その二つ、違いはどうなの??の疑問に答えます。

ファミリーバイクの方が安いし、そっちでいいや。

はちょっと待ってください!詳しく説明します

125ccはファミリーバイク特約に加入が出来る

125ccは他の排気量のバイクと違い、自動車保険に追加する形としてファミリーバイク特約に加入が出来ます。

ファミリーバイク特約
原付を運転中に事故があった際、相手方への対人・対物賠償はもちろん、「人身傷害」または「自損傷害」のいずれかのタイプをセットする事ができます

そのため、車を持っていれば、その保険に付帯する形で契約することが可能です

ファミリーバイクのメリット

保険料は一定で、保険を使用しても保険金額は変わりません
〜125ccであれば、台数が増えても保険料は増えません

そのため、一見メリットが多い保険ですし、実際良いプランなので、多くの人はこのファミリーバイク特約を使って保険契約します。

でも、私はチューリッヒのバイク保険に加入しました!

任意保険のメリットをご紹介します。

任意保険のメリット

任意保険のメリットはレッカー移動が出来ること

ファミリーバイク特約の場合、一般的にロードサービスは付帯しません。ロードサービスは下記のようなサービスです。

  • バッテリー上がりによるレスキュー
  • 故障による修理工場への移動
  • ガソリン切れによる手配サービス 等々

そのためファミリーバイク特約に加入する場合はJAFに別途加入することで保障を付帯しつつ、複数台あっても一律の料金のため、台数が多い環境下ではファミリーバイク特約はメリット大です。

下記の記事でロードサービスについても取り上げているので、より詳しく確認したい場合は是非ご覧ください。

JAFの加入をオススメしたいバイク紹介【任意保険のロードサービスとの比較】

今持っているバイクは1台なので、任意保険を選択した方が安いと判断しました!

トラブル時にメリット大

バイクにトラブルが発生し、動かない場合は修理工場へ移動させる必要があります。手段としては

  • 車に積み込む
  • 修理工場まで押していくか


距離によっては押すのは現実的でない場合がほとんどです。この場合は任意保険のレッカーを利用するのが得策です。

継続するごとに保険料は下がっていく

任意保険は自身の等級が上がるごとに保険料が下がっていくメリットがあります。最初はもちろんファミリーバイク特約が安いですが、年々その差は縮まっていき、最終的な金額差はわずかなものとなります。

MEMO

ちなみに、ファミリーバイク特約は保険料は毎年一定です

携行品保証特約を付帯出来る

私が任意保険(チューリッヒ)に加入している理由は、この携行品特約を適応できるからです。

隅発の事故による携行品が破損した際に、保険金を受けとることが出来ます。カメラなどは10万近くするものもありますし、保険料任意保険でカバーできるのは大変ありがたいことです。

例えばこんなトラブル
走行中に積んでいた道具が落ちて壊れ、買い換えが必要なときに携行品特約をつかって保証金を受けることが出来ます。

携行品保証特約は修理費も対応が可能です。この保険の場合、被保険者の過失がないことが前提となりますので、荷が緩んでいたことによる落下は保証対象内か否かは怪しいところです。


以上の内容から、私はファミリーバイク特約ではなく、任意保険に加入しています。

実際の保険料は申し込み時の設定により変わりますので、無料見積もりで金額を確認すると良いと思います。

バイク保険の一括見積もり「インズウェブ」

インズウェブでバイク保険の一括見積りをする

私の保険料内訳

最後に、私の場合の保険料の内訳をご紹介します。125ccはメインで使うバイクでないため、走行距離の設定は少なめになっています。

まずは申し込みの際の情報を説明します。

年間予定走行距離3,000km未満
対人・対物無制限
携行品特約あり(5万円)
弁護士費用特約なし

以上の特約をセットし、申し込みをしています。その保険料は下記の通りです。

一年目二年目
チューリッヒ13,680円11,900円

3年目の更新時は追記したいと思います!

MEMO
携行品特約は5万・10万と選べますが、今回は5万です。携帯、アクションカメラが大体5万あればとの理由です

任意保険にも注意点はあります

任意保険、いいやん!とはなりますが、注意点もあります。

保険請求で等級が上がり、保険料が上がります

保険料が年々下がるのは保険を請求しないことが前提なので、事故による保険を請求した際は保険料が上がります

原付以上の乗り換えは不可

原付から排気量の大きいバイクへの乗り換えは、任意保険の引き継ぎができません。

どちらにもメリットがあります

125ccの保険についてファミリーバイク特約と任意保険を比較しましたが、どちらにもメリットがあり、状況に応じて選択すべき内容でした。

下記表にまとめましたので、保険選びの参考にしてください!

任意保険ファミリーバイク特約
保険料割引制度あり一定
対人・対物〜無制限〜無制限
人身傷害保証設定可設定可
搭乗者傷害設定可なし
携行品保証特約設定可
(設定がない会社もあり)
なし
ロードサービスありなし

また、ファミリーバイク特約は人身傷害プランとなると保険料が高くなるので、任意保険と比較しながら検討しましょう!

インズウェブでは無料で見積もりが可能ので、今の保険を見直すきっかけとして、活用するのがオススメです。

MEMO

インターネットで加入できる保険の中では三井ダイレクト・アクサダイレクト・チューリッヒが安いので、3社をベースに、他に気になる保険会社を追加して最大5社から比較することが可能です。


バイク保険の一括見積もり「インズウェブ」

インズウェブでバイク保険の一括見積りをする

【任意保険】搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違いについて 【バイク・任意保険】保障プランの違いや、実際の保険料を紹介 JAFの加入をオススメしたいバイク紹介【任意保険のロードサービスとの比較】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です