バイクキャンプでの 調理道具選びのポイント

この記事ではバイクで運べる基本的な調理器具の特徴をまとめたものです。

素材の違いを把握する

ここでは素材によりどのような違いが生まれるのかをご紹介します。

チタン

チタンは軽いので、軽量化に専念したい人にオススメ

チタンはとても強い素材で、同じ強度でカップを作ったならばアルミやステンレスに比べて軽い製品が完成します。

熱伝導率が悪く、バーナーなどで火をかけると局部的にしか暖まりにくいので、炒め物をするときは食材の焦げ付きに注意が必要なのと、板厚も薄いので、運搬中に凹みやすいかもしれません。

コップなどに適しているほか、軽量化を重視したいこきにもオススメです。

アルミニウム

調理器具の定番で、間違いありません

アルミの特徴は熱伝導率が良いことです。お湯を沸かしたりするにはアルミが最適で、ステンレスよりは軽い素材なので、使い勝手の良い素材と言えます。

鋳物

料理を美味しくつくる秘訣が鋳物です

鋳物はなんといっても食材の火の伝わりが絶妙で、美味しく炒めることが可能です。これで炒めたウィンナーは最高に美味しいです。保温にも優れた調理器具ですが、重いので、運搬の負担は大きいです。

  

食材をカットする

食材をカットするには、折り畳みのカッティングボードは便利です。

まな板をウッドのものにすると、食材もカットできるし、熱いものを置いておく敷物としても使えて便利です。

  

シエラカップ

シエラカップはカットした食材や調味料を入れておくのに使えますし、コップとしても使え、そして直接火にかけることも可能な万能調理器具です。

同じメーカーで揃えればスタッキングに優れ持ち運びが用意です。

  

ご飯を作る

ご飯を作るなら私の中ではメスティン一択。気密性も良く熱伝導率も良いので、手軽に白米が美味しく炊き上がります。

メスティンのレビュー

trangia トランギア メスティン review【レビュー】

  

鍋をする

鍋をするなら、私はジェットボイルのMiniMoです。少々マニアックな機材ですが、これの良さは燃焼効率に優れ、小さなガス缶でも長い時間使用できる点です。わずかな資源も大切になるバイクキャンプではとても大切なことです。

ジェットボイルのレビュー

最速でお湯が沸くJETBOIL MiniMo Review【レビュー】

  

炒め物をする

炒め物をするなら、テフロン加工のハンドルが畳めるフライパンです。お手入れが楽になること、そして焦げ付いて折角の料理がダメになることを考えるととても良いの 選択だと思います。

  

鋳物のフライパンは肉を焼くプロフェッショナル。じっくりムラなく火を通します。ぜひオススメしたいのが15cmのフライパン。深型なので食材もこぼれませんし、大きすぎず、小さすぎずで重さも絶妙です。

ソーセージならジョンソンビルが三本カットせずに入ります。

  

お湯を沸かす

またまた出てきたジェットボイルがお湯を沸かすには最強で最速です。

シンプルなケトルもお湯を注ぐ点に関してはプロなので、荷物次第なところがあります。コーヒーを楽しむツーリングなら、ケトルは持っていきたいですね!

  

まとめ

バイクでいくキャンプの場合は道具が限られますが、少ない道具で料理するのもまた楽しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です