FIVE STUNT EVO LEATHER AIR【レビュー】

この記事では約5年間フルで使ってきたグローブが破れ、ついに買い換えたグローブとしてFIVEを選んだレビュー記事です。下記で他のグローブを検討した記事を公開しています。

【グローブ比較】夏グローブ比較・検討します。選ぶ際のポイントとは?

この製品の優れたポイント

しなやかな薄手グローブ

このグローブは素手のような感覚になるぐらいの薄さが特徴のグローブで、とてもしなやかです。

それがあまり好きでない人もいるでしょうが、細かいレバー操作をする時には扱いやすいのが薄手グローブの特徴です。

新品の時から馴染んでいるかのような感覚は一度手を通してみると実感できるほどです。

  

さりげないプロテクター仕様

グローブを選ぶにあたり、甲についているプロテクターを重要視しました。

TAICHI

以前使っていたグローブはいかにもプロテクターついています、な部材でした。

今回のグローブは、おそらく以前のものよりはプロテクト性能は低いですが、グローブ全体を見ても馴染んでいるデザインになっており、必要最低限の保護機能はあるように見えます。

手の内側にもプロテクターがさりげなくついています。ここは転倒時には真っ先に怪我をしやすい部分でもあるので、バイクに乗る以上はプロテクターはついてて欲しいという思いに応えてくれる製品です。

  

製品仕様

パンチング加工を施したレザー

とてもしなやかなレザーにはパンチング加工が施されており、蒸し暑い夏でも蒸れすぎないような工夫があるグローブとなっています。

もちろんメッシュである方が涼しいのですが、手入れのしやすさ(メッシュは手入れしても汚れが蓄積しやすい印象ですが、黒のメッシュなら目立たないです)や見た目の上品さで検討すると、パンチングレザーは良いチョイスではないでしょうか。

  

適材適所な素材で作られたグローブ

指間と手首付近に4wayに伸びる生地が使われています。実際に生地が伸びるまで指を広げるシーンはないので、ストレッチの効果を感じることはありませんが、生地はとてもしなやかですし、通気性も良好です。

  

保護と通気性を兼ねるプロテクション

各指部分にエアインテイクを配置しプロテクションと通気性を向上。飾りでない通気性の確保をしている点が良いですね。

  

手首の内側に形状記憶パットを採用

形状記憶のパッドを使っているとのことですが、その効果を感じることはできませんでした。それよりも、パターンが立体裁断なので、ハンドルを握った時の手の平の生地のあまりを感じることもなく、フィット感に優れていることが好印象でした。

  

スマホタッチ対応

スマホのタッチの感度も良好で、グローブの指先も細く作られているので操作はしやすいです。

  

カジュアルに乗りたい時の最適なグローブ

このグローブと組み合わせるのは、KUSHITANIのフルメッシュパーカーです。

KUSHITANI FULL MESH PARKAは最強の3シーズンウェア【レビュー】

カジュアルな服装で乗りたいけれども、万が一の事故(転倒など)に備えたプロテクターがついているバイク用のウェアが好きな人にとっては、オススメできるグローブです。

FIVE(ファイブ)STUNT EVO LEATHER AIR
created by Rinker

一方、プロテクション性能は他のグローブに比べて低いでしょうし(サーキット仕様とかの話ではありますが)、生地がしなやかなのでハードに使用した時の耐久性は未知数な部分がありますが、低いかもしれません。

バイク用品はメンテナンスをして長持ちさせることも大切です。合わせて下記の記事をご紹介して終わりたいと思います。

バイク用品を長持ちさせるポイント・道具・方法を紹介します
【グローブ比較】夏グローブ比較・検討します。選ぶ際のポイントとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!