冬のバイクウェアの決定版・電熱ベストを紹介します【レビュー】

私のバイクの防寒対策の遍歴

私がバイクに乗り始めたのは寒い時期でした。その時は防寒対策のぼの字も知らない状況です。

そんな初心者期間はダウンジャケットの重ね着をしまくって防寒対策を行いました。が、ロングツーリングの結果は撃沈。体の芯から冷えきって、たいへん辛い思い出です。

そこからレインウェアを着てみたり、カイロを貼ってみたり、ズボンの三枚履きをしたりとで、いろいろ方法を試してみましたが、結論は電気の力で保温する選択を選ぼうということになりました。笑

  

この製品の優れたポイント

首裏も温める仕様

電熱ベストはいまやいろんな種類がありますが、是非オススメしたいのが首裏を温めれるかどうか、です。

首は体の中でもヒートロスしやすい場所です。体温をコントロールする血流が首付近で冷えてしまうためですが、首を暖めることが出来れば、保温を実感しやすくなるからです。

首を暖める仕様はハイネックの仕様のものが多く、首回りの冷気の侵入も少なく、非常に快適です。

  

バッテリー駆動なので、バイクを降りても暖かい

電熱製品は基本電源供給はバッテリーか、バイクのバッテリーからとるかのどちらかです。

バッテリーより給電バイクより給電
最大稼働時間10000mAhで8時間エンジンが動いている間
バイクを降りた後保温あり保温なし
バイクの乗り換え可能バイクに予めアダプターを
付けておく必要あり
乗車時操作不要バイクにコードを接続する

  

バッテリーにした私の選んだポイント

バイクを降りても暖かい

バイクを降りて休憩することはよくあると思いますが、そのときも暖かいのはありがたいことです。これはバッテリー駆動のメリットです。

  

基本的に安い製品が多い

電源供給を一般的なUSBからとした製品は数多く、コスパに優れる製品が多いです。

バイクからの給電とUSBからの給電の兼用タイプはバイク用品としての電熱ベストとなり、高い製品が多いです。

 

ベストタイプはウェアの干渉を受けにくい

重ね着をすると、大抵は腕の部分が着ぶくれして圧迫されやすいと思います。

ベストタイプは重ね着しても腕の干渉にならないので着やすいです。

  

製品の仕様

デザイン

ステッチが斜めで、ベスト単体でも使いやすそうなデザインです。

ファスナー部の拡大です。

  

ファスナー

顎の部分はファスナーが直接当たらないようになっています。

冷気も入りにくいようになっています。

  

ボタン

長押しで起動します。クリックも軽い力で押せるのでグローブをしていても押しやすいです。保温のモードは3つあります。下記に10,000mAhのバッテリーを使用した時の仕様をまとめました。

赤(高)白(中)青(低)
稼働時間1〜2時間3〜4時間6〜8時間
温度45℃35℃25℃

  

USBケーブル

L型のUSBケーブルです。

ANKERの20000mAhのバッテリは長いバッテリーです。

これは残念ながら入りませんでした。(入るけどファスナーは閉めれない)

  

襟裏の生地

熱を閉じ込める生地になっています。直接肌に着るわけではないので、特に冷たさなどは感じません。

  

胴内側の生地

襟裏は特にフリース地ではありません。インナーをハイネックのものにしておけば着た時のひんやり感が軽減できます。

  

裾の生地

袖は伸縮性のある縁で、動きの邪魔になりません。

  

洗濯について

製品は洗濯が可能です。付属品にネットがついているので、収納して洗うことが可能ですが、濡れた状態での仕様は禁止です。

  

サイズについて

ご紹介の製品はS~XLまで幅広くあります。

電熱ベストで重要なことはベスト内側と体の密着度です。ここが手薄だと、ベストは暖かいけど、体に当たらずにヒートロスが生まれてしまいます。

そのため、普段着ているサイズで選ぶのではなくて、ウェストやチェストサイズで選ぶことをオススメします。

  

まとめ

コストパフォーマンスにすぐれる電熱ベストは、暖める場所としては局部ですが、それでも無いよりはあった方が断然良い製品です。

冬場のライディングといえば重ね着して我慢をするのがイメージとしてありましが、これを導入してからはずいぶんと楽になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!