私なりのバイクの洗車方法と道具を紹介します

冬のバイク冬眠期間前にバイクの洗車をしました。本日はそれに関する方法を私が試した中でのオススメもあわせてご紹介していきます。

用意するもの

私は高圧洗浄機を使っていますが、必ずではありません。

シャンプーとホイール用のブラシ

ボディー用とそれ以外の範囲用のスポンジ

ブロワーとセームタオルを使用します。

  

Step.1 水で汚れを流す

高圧洗浄機で汚れを流します。流水で流す程度なら、落ちない汚れもあるので、高圧洗浄機はブラシを使わずに汚れを力強く落とせる強力な掃除道具です。

高圧洗浄機で汚れを洗い落とす際は、真上から水をかけます。

こうした電子装備の周りは洗浄機の圧力を弱めてあげましょう。

  

Step.2 下回りから洗浄

高圧洗浄機で汚れを落としたあとは、下から汚れを落としていきます。

ホイールの洗浄(下準備)

初めにホイールを洗います。この時に使うのが専用のクリーナーです。

吹き掛けると紫色に変化します。汚れを浮かせる仕組みが化学反応なので、臭いも伴いますが、本当によく落ちるのでオススメです。

  

チェーンの洗浄

ホイールの汚れをクリーナーで浮かせている間に、チェーンを掃除します。

チェーンブラシは効率良く汚れを落とせる道具なので、絶対あった方が手間がかかりません。あとチェーンはこびりついた油汚れがあるので、落とすのに苦労します。そんなときは専用のクリーナーは強力に汚れを浮かせます。

チェーンクリーニング後はオイルがなくなっている状態なので注油しましょう。ワコーズのチェーンオイルは濡れたままでもOKなオイルで手間がかからず楽です。

  

ホイールの洗浄(清掃)

チェーンが終わったあとにホイールに戻ります。化学反応が終わり、汚れも浮いてきたら、ブラシで軽く擦って汚れを落とします。このときにカー用品のホイール専用のブラシがバイクにも抜群に愛称が良くてオススメです。

本体の柄の部分にはスポンジがあり、車体の部品とぶつかることによる傷を軽減します。また適度な柔らかさの毛先で細かい部分を洗うにも適しています。

最後に高圧洗浄機で汚れ共に洗い流しましょう。高圧洗浄機で洗い流すとチェーンとホイールがかなり綺麗になります。

  

Step.3 ボディーの洗浄

道具を一度綺麗に洗う

ボディーを洗う前に、下を洗浄した際のバケツとブラシをボディーを洗う前に念入りに洗っておきます。

とくにバケツに汚れが残っていると、不要なゴミを拾って、このあとに行うボディー洗浄の際に傷をつけてしまう恐れがあります。

  

洗車の準備

洗剤はカーシャンプーを使います。以前は高圧洗浄機に接続してシャンプーをかけていました。

こういったアタッチメントがあります。今はバケツに洗剤を少し入れて、泡立てています。この泡で洗っているのですが、違いは圧倒的に洗剤の使用量が違います。

今はバケツに少量の洗剤を入れて、これを高圧洗浄機で泡立たせます。

この時圧が強いので飛び散りに注意します。

  

泡を使ってボディーを洗う

マイクロファイバーのスポンジでやさしく洗います。このときに力を入れてしまうと洗車傷として細かい傷が入ってしまいます。

あくまで、優しく、やさしく、です。笑

  

ボディー以外をスポンジで洗う

ボディー以外の傷が目立たない場所はスポンジで擦り洗いをします。

スポンジの届きにくい場所はホイールの洗浄に使ったブラシを使ってあげるとラジエターや形状の複雑な場所も洗うことが可能です。

  

Step.4 拭き取り

エアーでまずは細かい部分を吹き飛ばす

ここで登場するのがコードレスのブロワーです。

これで先ずは隙間に溜まった水を風で押し出します。範囲の広いボディーについた水を飛ばすのはキリがないので、ここは細かい点だけで良いです。

錆びやすいポイントとしては、ネジ部なので、ネジの頭に溜まった水などはこのときに飛ばしておきたいのと、ハンドル回りも水が溜まっているので飛ばしておきます。

  

広い面積はセームタオルで給水

セームタオルは給水力が抜群で、絞るとまた給水する不思議なタオルです。マイクロファイバーとは異なるので、持っていない場合は洗車道具のひとつとしてオススメです。

このタオルでボディー回りの水を拭き取ります。

  

再度念入りにエアーで飛ばす

ある程度水気をとったら、再びブロワーで細かい部分を徹底的にふきとばしましょう。ブロワーの行程はこれで最後です。一度ある程度ブロワーで細かいところを吹き飛ばしているので、大量に水分が出てくることは少ないと思います。

最後のこの行程では下からもエアーを送ったりして水分を飛ばすのがポイントです。特にボルト類は錆びやすいので念入りに!

GSはこの円柱の部分に水が溜まりやすいです。

フォークもしっかり水気を飛ばします。出てきた水分は再度セームタオルで拭き取りましょう。

  

Step.5 アクセサリーの清掃

同様の手順でアクセサリーも洗います。ケースもバイクの一部、綺麗にしておきましょう。

  

Step.6 冬眠前の準備

ガソリンタンクは満タンに

ガソリンはしばらく動かさないのであれば、満タンにしておきます。タンク内が空気に触れて錆びてしまわないようにする工夫です。

  

充電ケーブルを指す(BMW限定)

BMWのバイクはヘラーソケットがついています。ここからバッテリーに繋がるので、充電ケーブルをバッテリーに挿さなくても手軽に充電が可能です。

カバーをする前にケーブルを挿しておけば充電の度にカバーをとる必要もなくて便利です。

  

まとめ

バイクの汚れは車と違ってよく目立つものです。大切に乗るならこまめな洗車が状態の良い維持管理の基本です。洗っている最中にネジの緩みや部品の欠品等のトラブルも見つかる場合もあるので、たかが洗車、されど洗車です。気持ちよく、次の春を待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です