迷いに迷いまくった結果選んだ夏シューズはKUSHITANIのネオブーツメッシュというお話

この記事では2020年に私が検討した夏シューズ選びのポイントをまとめたものです。

私の中のマイベストシューズはこれ

私は年中クシタニのネオブーツを愛用しています。

KUSHITANI クシタニ ネオブーツ 【レビュー】

このブーツの良さは何と言ってもしなやかな靴であり、防水なので、ライディングの際の天候を気にする必要がないのと、バイクを降りた後も馴染むデザインであることが気に入ってます。

でも一つ不満を言うならば、夏はどうしても蒸れる、と言うこと。まぁ仕方がないことです。そこで、今年の夏はもっと快適な靴を検討しました。(シーズンで使い分けることで、製品寿命を伸ばしたい想いもある。

シューズの検討

シューズ選びのポイントをまとめてみました。

サマーシューズ選び
・通気性があること(防水性はなくて良い
・バイクを降りた後でも使いやすいデザイン
・屈伸しても違和感のないしなやかさ

この辺りを目標に選んでいきたいと思います。

 

クシタニ編

クシタニのラインナップでは二つが候補に上がりました。

KUSHITANI NEO BOOTS MESH

大本命、今愛用しているネオブーツのメッシュ版が2020SSで登場しました。パンチングレザーになり、通気があるモデルになったとのことで、どれぐらい快適になるのかが注目です。同じものと思いつつも、ネオブーツには大変お世話になっているので、これでも満足できる安心感はありますね。

KUSHITANI FLOWSHOES

こちらはミドルカットの通気性に優れたシューズで、2020SSでモデルチェンジの形で登場しました。前作は靴紐のカジュアルな見た目でしたが、このモデルからはワイヤー式になりました。見た目は紐のスタイルが好みでしたが、BOAは便利なのは体験済みなので、履き比べて検討してみたいですね。

  

BMW編

BMWは実はウェアが充実しています。

BMW Street Guadは最強の3シーズンウェア【レビュー】

以前ウェアをレビューしていますが、基本値段は正直高いです。でも品質とデザインはなかなか良いのを体験しているので選択候補に上がりました。

BMW RIDE スニーカー

ハイカットのスニーカーテイストなデザインですが、サイドファスナーなので、脱ぎ履きがしやすそうです。もちろんシフト操作で磨耗しないようにトゥーの部分に補強がされているなどライディングに最適なカジュアルシューズです。色も落ち着いていてカッコいいですね。

実際に現物を確認してみると、質感がよく、履き心地も良かったです。(少し細めな印象)
ソールの裏に水平対向のシルエットが掘られたりしているなどデザイン性もよく、いいシューズだと思いました。メンテナンスを考えると、少し手間な部分は多いなという印象で、ソールは固めです。

  

DAINESE編

ダイネーゼからは魅力的なアイテムが多数ありましたので紹介します。

DAINESE DYNO D1 SHOES

このシューズはもしかするとメッシュを使ってないかもしれませんが、デザインがカッコいいアイテムの一つ。数千円違いでレザーモデルもあり、見た目もレザーの方がカッコいいので、夏は関係なく欲しいシューズの一つ。

実際に現物を確認してみると、デザインは良く、履いていてカッコいいシューズでした。シューズの内側はメッシュなので多少の蒸れは解消できるものの、エアーインテークとなる部分がないので、春とか秋あたりが使いやすそうな印象です。そして、ソールは固くフラットなので、バイクに特化したシューズってイメージですね。

  

DAINESE DINAMICA AIR SHOES

こちらは通気性に優れたシューズで、見た目はしなやかなイメージがあります。足首回りの調節をどのようにするのかは写真では確認できないので、これも要確認ですね。

  

DAINESE PERSEPOLIS AIR SHOES

続いてこちらはレザーを用いたカジュアルなデザインですが、皮革なので引き締まって見えます。くつ紐が良い仕事してます。

DAINESE RAPTORS AIR SHOES

こちらは少しカジュアルにスポーティーな印象のシューズです。名前にエアーとついているので、現物を見てみたいと思います。

実物を手にした第一印象は軽いということでした。ディテールがフラットな印象があったので、シンプルなシューズです。厚みは薄いので、軽量かつ夏向きの印象です。ソールはしっかり固めです。

  

TAICHI編

タイチでは一つエアースルーモデルがあります。

サイドにTAICHIのロゴがあしらわれたシューズで、フィット感の調整はBOAで行います。全面メッシュの構造なので、通気に関してはとても良さそうです。足の蒸れの改善なら、もっとも効果がありそうです。

  

KOMINE編

コミネは二つ、通気性に優れたラインナップがあります。

KOMINE Air Through Short Boots

クラシカルな細身のブーツです。爪先が細いとなんだかフォーマルな印象ですね。このモデルはなんといってもコストパフォーマンスに優れること。現物を要チェックです。

  

KOMINE Air Through Protect Boa Shoes SPORT

こちらはバイクシューズを感じさせられるデザインです。BOAを採用し、足首回りの調節が簡単なモデルです。

  

DEGNER編

デグナーからは一つ

KOMINE クールメッシュリングブーツ

すごくクラシカルなデザインです。最近ではあまりないデザインです。

  

Alpinestars編

アルパインスターズからは一つ通気性のあるモデルがあります。アルパインスターズ製品は基本が防水透湿性となるので、通気に特化したモデルは少ないですね。

Alpinestars FASTER-3 RIDEKNIT SHOE

サイドにアルパインスターズのロゴが大きく入ったこのモデルはメッシュを使っていて涼しそうです。紐の調節を°のようにするのかは気になるところです。

  

elf編

elf synthese15

これはバイクに特化したシューズデザインですね。ミドルカットで、フィットの調整はラチェット式のレバーで調整します。

  

GOLDWIN編

GOLDWIN Gベクターライディングシューズ

こちらもメッシュを積極的に使ったシューズです。靴としてのデザインは作業靴のような印象を受けます。魅力的なポイントは価格が安いことです。

    

実際に試着できるお店を見てみる

あとはそれぞれの取り扱いを確認して見に行くことにしました。

KUSHITANIRS TAICHIDAINESEKOMINEAlpinestarsBMWDEGNERelfGOLDWIN
取り扱いクシタニストアRS TAICHIストア
2りんかん
南海部品
他多数取り扱いあり
ダイネーゼストア2りんかん
南海部品
他多数取りあり
2りんかん
南海部品
他多数取り扱いあり
BMWストア2りんかん
南海部品
他多数取り扱いあり
2りんかん
南海部品
他多数取り扱いあり
2りんかん
南海部品
他多数取り扱いあり

2りんかんは取り扱いが多いので一度に見たい場合は便利です。ただ、他にも良いアイテムはたくさんあるので、複数お店を巡ってみるのはオススメです。

  

私が迷いに迷って選んだアイテムはコレ!

今回シューズを選ぶ中で最初に決めた基準をもう一度振り返ります。

・通気性があること(防水性はなくて良い

これはメッシュの生地を使っているものが圧倒的に涼しいのですが、どうしても安っぽさが出てしまう問題があり、必ずしもベストチョイスにはならないこともあり、ここは少し妥協しました。

・バイクを降りた後でも使いやすいデザイン

これに関してはBMWのシューズが最もスニーカーらしく、かっこよかったです。

・屈伸しても違和感のないしなやかさ

シューズを選んでいる中で、ここが自分の中で最も重要視していることだなと思いました。特に、私の場合はバイクに降りて歩くことも多く、バイク専用のソールよりはトレッキングに寄ったソールが好きであることを改めて感じました。

  

2020年はクシタニのネオブーツメッシュで乗り切る

これが結論ですが、クシタニにしました。結局というところがありますが、色々見ていく中で、ネオブーツの完成度が際立ってきたのが正直な感想です。私はネオブーツに洗脳されているかもしれませんが、それなりの理由があって選んでいるので、多分正常です。笑

ネオブーツはここがいい
・アウトドアライクなソールはバイクだけでなく、観光・キャンプ・普段使いもこなす万能ソール
・全面レザーなので、手入れが簡単

ネオブーツのメンテナンス(レザーケア)はこちらでご紹介しています。

バイク用品を長持ちさせるポイント・道具・方法を紹介します

今後、使ってみてどう感じるかをレビューしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!