【バイク×初心者】バイクに興味がでてきた人にお伝えしたい大切なことまとめ

こちらのページでは、複数台バイクを乗り継いできた私がバイクライフを振り替える際に、私が初心者だったら知っておきたかったこと、お伝えしたいことをまとめました。

バイクライフはかけがえのない大切なものです

私がバイクに興味がでたのは、大学生の頃でした。それまではバイクという乗り物に興味がなかった訳ではないのですが免許はない状態でした。

そんな時、話の中で譲ってもらえる機会があったので免許を取りに行った形です。

今となってはバイクでキャンプにも行くし、北海道にも九州にも行くようになりました。それぐらい生活に馴染みましたし、いろいろな思い出が出来ました。

  

保険は何かあったときの大切なパートナー

保険はバイクを始めるにあたってはとても高いものです。特に年齢によっては、最初の値段はとても高いです。記事では20歳にバイク保険に加入した際の金額を計算した他に、保証でどこまでカバーできるのかをご説明しています。

20歳でバイクを持つ際の保険料はいくら?「搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違い」

  

どのバイクにする?排気量の違いによる維持費を紹介

免許もとった!保険もおおよそ理解できた!そうなるといよいよバイクを選ぶときです。

新車で買うこともあれば、中古で買うこともあるでしょう。そのときになってみると感じる、どれがいいんだろう、、感。笑

そんな?がつく疑問について紹介していくコーナーです。徐々に更新しておりますが、始めに人気の排気量である250ccと400ccについて見ていきましょう。

【バイク維持費】250ccと400ccって、維持費変わるの?の疑問に答えます

下記では人気の125ccについてフォーカスしました。個人的にいろいろ乗って行き着く排気量がこのクラスだと思っています。

125ccの新車乗り出し価格と、年間維持費をご紹介します。

  

バイクに必要な交換部品を私の経験でご紹介

今のバイクに乗り換える前はHONDAのCB400SFに乗っていました。そのバイクは走行距離50,000kmで乗り換えたのですが、結構走ったと思いますし、まだまだ問題なく走れる調子の良さでした。

下記ではそんなバイクにかかっか交換部品などを紹介しています。バイクに乗りはじめのうちはあまり実感することのない維持の側面をご紹介しています。

HONDA CB400SF SPEC3を50,000km乗って交換が必要なパーツをご紹介します

  

バイクの危険性をまとめました

バイクはいつでも危険と隣り合わせ。だからこその備えが必要です。

ご紹介するのは、私が遭遇したトラブルを集めました。正直いいものではありませんが、こんなトラブルを共有しておくことで、保険の大切さやバイクに乗るときの心得を身につけていただければと思います。

【トラブル集】見てほしい。私が体験・目撃したバイクの危険

  

洗車することがバイクを長持ちさせる秘訣

バイクは洗車をしなくても乗れますが、 洗車をしていると気づくこともあります。例えばブレーキパッドの残量とか、チェーンの伸びとか。

下記では、洗車の仕方についてご説明しています。仕方といっても必ず同じ手順でやる必要は全くありません。洗う順番によっては傷がついてしまったり、二度手間になったりするので、是非ご紹介させてください。

私なりのバイクの洗車方法と道具を紹介します

  

初めてでも安心な京都観光とバイク

先日、相方とリトルカブで京都を観光してきました。そこで感じたことが一つありまして、カブと京都は初めてバイクにのる人やギアつきのバイクが初めてでも楽しめるなと思いました。

私のバイク初走行はそれは緊張しましたし、バイクも重たいので心臓の鼓動は最速でした。笑

でも、そんなに気構えなくても良いのが、このツアーの秘訣では?と思います。初めはこうしたツアーに参加するのも良いかと思います。

京都観光はカブで巡るのが最高に気持ちいい

  

ヘルメット選びについてご紹介

バイクに乗るにあたって必要なのがヘルメットですが、どのメーカー、どのモデルが自分に合っているのかはわからないものです。

下記ではフルフェイスのみとなりますが、いろいろな種類のヘルメットを紹介すると共に、私が持ってるヘルメットを個別でご紹介していますので、ヘルメット選びの参考になれば嬉しいです。

【フルフェイス比較】私が持ってるヘルメットの違いを紹介します。選ぶ際のポイントとは?

  

シューズ選びについてご紹介

バイクにはスニーカーでも乗れるけれども、専用のシューズを使うとやっぱり快適で、今はライダーシューズを愛用しています。

下記では初めてのシューズ選びに必要な知識をご紹介すると共に、愛用してるシューズのレビューも紹介しております。

【バイクブーツまとめ】シューズの種類、そして選ぶ際のポイントを紹介します。

  

バイク用品を長持ちさせるポイントを紹介

バイクの洗車もあれば、ウェアの洗濯もあります。でも、洗いにくいアイテムもあることは確かです。

とくに夏場は汗や皮脂汚れがウェアにつきやすく、いためる原因となりますので、下記で紹介するアイテムは、+ワンアイテムでウェアを快適に着こなすアイテムをご紹介しています。

バイク用品を長持ちさせるポイントを紹介します

  

最後に

バイクの楽しみかたは人それぞれだと思いますが、ここまでご紹介したことはどんな楽しみ方をするにしても共通のことだと思います。

バイクは危険性があるのは間違いありませんが、事故が多いのはバイクにのるマナーが足りてないことです。正しく乗れば、きっと良い趣味になると思います。

皆様のバイクライフの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です