【アウトドア×バイク】このバイクで皆様にお伝えしたいこと

今日はこのブログのコンテンツの一つであるバイクについて私なりのバイクの考え方をまとめてみました。

このブログのメインはアウトドアなので、バイクは普通に見れば、異色のカテゴリーです。なので、どういう内容で発信しているのかをお伝えできればと思います。

BMW R1200GS×アウトドア

このバイクは、学生時代からの憧れとバイクキャンプツーリングに対して興味ができたこと、そして北海道へもう一度行きたい、そんないろいろな欲から購入したバイクです。

このバイクに乗って思うことは、アウトドアとの相性は究極と言えるバイクだと思いました。これについては以前にまとめておりますので、ぜひご覧ください。

購入してから一年経ちますが、かっこよさは全く変わりません。そして乗ってるうちに徐々に感じている、このバイクでしか表現できないことをもっと発信していきたいと思っています。

 

今後このバイクでしたいこと

今までは乗ることに楽しさを感じていたこともありますが、このバイクの思い出を大切に、そして記録していきたいと思っています。具体的には2つかなと思っています。

・フォトコンテストで入選する写真を撮りたい。
・北海道へ、タンデムキャンプツーリングで旅行する。

R1200GSを選んだ理由に直結するのですが、まずは見た目の格好良さ。これに尽きます。なのに、乗って楽しむだけではもったいない!そんな思いがあります。

九州・四国ツーリング | 雨の日

被写体として美しい、そんな思いがあるので、今後はよりいろいろな場所で写真を撮ってやろうと思います。

そして、見た目だけでなく、走りの性能もすごく良いです。一つ言えることは、このバイクが二人乗りのバイクライフをサポートしていることでしょう。

一人の時とタンデムの時は設定を正しく行えば同じ感覚でコーナーを曲がれるぐらいにスムーズです。だから、このバイクで北海道にもう一度いきたい。あの景色をもう一度見たいです。このバイクで。きっと見える景色が違うだろうと思わせてくれるバイクです。

昔CB400SFというバイクは乗って楽しむことが最大の楽しさでしたが、今はカメラという記録の残せるものを手に入れてからは、思い出をどのように残すかに重点を置くようになりました。最近だと音声記録も高音質で撮るようにしたら、映像作品のクオリティーが大きく向上したように感じます。

映像機器も揃ってきたので、今後は発信していくことを大切にしていきたいと思っています。


今後のこのブログで発信したいこと

バイクの検索でご覧いただいてる方から見れば、このブログで紹介しているバイクの記事は多くありません。バイク用品のカスタム品もほとんど購入していないので、ご紹介できるものがほとんどありません。。

が、このブログはバイクの他にアウトドアに関しての情報を発信しています。アウトドアのギアは、バイクのキャンプツーリングでも使えるものです。なので、登山で使う道具は軽量・コンパクトの特徴がありますが、それはバイクのキャンプツーリングに置き換えれば、荷物を小さくして軽量化できることになります。

商品を紹介するポイント

登山でも使える仕様・性能
市場の類似品と比べて、どう違うのか

を説明していきたいと思っています。

現代はアウトドアの道具がどんどん小さくなっているので、5年前の私は

このように荷が大きい状態を強いられていました。笑

でも今はバック一つでキャンプツーリングに行けるぐらいに荷物が小さくなりました。

荷物が小さくなると、小さいバイクでも十分に楽しめることになります。大型バイクは車重が重たいので、気軽に車庫から出し入れできるとは言い難いですし、日常の足として使うような乗り物でもないです。少なくとも、R1200GS は乾燥重量240kgあります。
維持費の面でも、125ccだと安いです。下記記事ではバイクに関する保険料のことについてまとめております。

荷物を小さくすることは、例えば

MTBでもキャンプツーリングに行けます。最近、安く購入できる機会があったので譲り受けて、その楽しさを発見しました。笑

今のBMWを手放す時が来たら、MTBにシフトしてやろうと思ってます。

アウトドアは今後も新しいものを吸収して、それをバイクライフに良い形で反映させていきたいです。そして、その情報を発信していきたい、そんな思いがこのブログでのバイクカテゴリーとなります。

下記では、バイクキャンプツーリングにおいて必要なテントについて、ポイント別でご紹介しています。

今後とも当ブログをよろしくお願いします。ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせいただけると嬉しいです。


あとがき

以下は私のバイクライフについて簡単にまとめてみました。

バイクに興味が出る学生時代

バイクに乗り始めたのは大学生の時でした。その頃アウトドアに興味が出ていた私は、バイクでツーリングに出かけたら楽しいかな、そんな程度の興味でした。

その頃、一番かっこいいバイクと思っていたのが、BMW R1200GSというバイクです。

引用:https://www.virginbmw.com/detailguide/detail-r1200gs-02/

R1200GS のスケッチ

真四角の箱は収納がしやすい、合理的な考えがあった当時、真四角の箱が似合うバイクが最もかっこいいと思っていました。

それに、このバイクだけどバイクらしくないモンスターみたいなカッコよさ。それに惚れていました。

そんなことを思っていたら、バイクを譲り受ける機会がありました。免許を持っていない私は、普通自動二輪を取得し、バイクを譲り受けます。

HONDA | CB400SF

人生で初めてのオートバイ、それはもう楽しくて、週末はバイクでツーリングに出かけることが多くなりました。

このバイクでキャンプ道具をたくさん積んで、出かけたりもしました。北海道へも学生時代に行きました。

その時行ってよかった場所をまとめておりますので、ぜひ合わせてご覧ください。

  

東北の地でアウトドアがより好きになる

大学卒業後、東北で働くこととなりました。そして、車も購入。その時に乗っていたのはレガシィという車です。

この地で改めて感じたアウトドドアの楽しさと、車でしか行けない自然もあることを理解しました。

東北の冬とバイクは相性が悪いので自然とバイクからは離れる生活となりました。

 

再び関西に戻ってくる

大阪に戻ってくると、今度は車に乗る機会が減りました。笑

環境が変わり、再びバイクの熱が復活しました。R1200GSは今の自分にとっては高価すぎる乗り物であることは間違い無いですが、今の環境でしか乗れないバイクもあると思い、購入しました。(いろいろな人のサポートがあったのはいうまでもなし。笑

きっといつか手放す時は来るでしょうが、今はこのバイクと共に楽しんでいます。

 

BMWを所有する喜び

外車ってあまり良い印象ではなかったのですが、BMWのバイクは乗ってびっくりしました。なんせ乗りやすい。長距離が楽。そして私は身長が高めなので、ドイツ人に合わせた車体は私にとって絶妙に合っているところです。

特にバイクのBMWはツーリングを快適に、をとても大切にしているメーカーです。日本の開発とは異なることが、BMWを乗る上での喜びだと思います。

それに昔から欲しかったバイクなので、まぁ最高なわけです。笑

少しでも汚れていたら洗車しますし、常に綺麗な状態で乗り続けています。よく車の高級車乗っているのに、足元がブレーキダストで真っ黒な車とか見ると、かっこよくないなと思ってしまいます。バイクはかっこいい乗り物ですし、特に子供からの熱い視線を感じています。笑

ピカピカで乗りたいと思わせるバイクってところも大切なポイントではないでしょうか。


バイク×キャンプのまとめ

バイクで始めるキャンるに関する情報をお伝えしています。 【バイク×キャンプ】道具選びのポイントのまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です