焚き火台の選び方をまとめました【バイク】【キャンプ】【レビュー】

バイクで行くキャンプのひとつの楽しさって焚き火だと思うんです。

でも焚き火台って大きくて重いイメージありませんか??

でも実は軽量・コンパクトな焚き火台も数多く売られているので、今日はそんな焚き火台を紹介していきます。

バイクに積載可能な焚き火台を紹介していきます

バイクでキャンプ道具を運ぶなら、できる限り不要な空間を作らないことがコンパクトにまとめるコツです。

不要な空間とは、ケトルの中とかの空間のことです。

ケトルの中の空間に何か物を入れれたらコンパクトになりますが、実際には完全に使いきるのは不可能です。

そのためバイクで運べる焚き火台は薄くなることがとても大切で、かつ軽いに越したことはないという状態です。笑

 

ピコグリル398

言わずと知れた軽量焚き火台です。

収納サイズはA4程度ではありますが、展開するととても大きな焚き火台になります。

名前の通り約450gのこの焚き火台は大変薄いので、ザックの背面に収納したり、バッグの底に収納したりとでとても収納性が良い印象です。

細いフレームとプレートから構成される焚き火台の設営にかかる時間は約10秒といっても過言ではないぐらい、素早く設営することが可能です。

ピコグリル398については下記で詳しくレビューしております。

スイスSTC ピコグリル398 review 【焚き火台レビュー】

 

チタンウッドストーブ

ピコグリルは風が吹くと灰が舞ってしまう問題があったので、防風に優れた焚き火台を購入しました。

素材はチタンながら3,000円で手に入る手軽さが魅力的です。

多少の組み立ては必要ですが、組み立ててしまえばとても丈夫な焚き火台の完成です。風の影響を受けにくい形状で、よく燃えるのが特徴です。

TOMSHOOのチタンウッドストーブは下記で詳しくレビューしております。

TOMSHOO チタンウッドストーブ review 【焚き火台レビュー】

  

ブッシュクラフト

実はまだ購入できていないアイテムですが、前項で紹介したチタンの焚き火台が想像以上に良かったので、購入予定としています。

このポイントは設営に数秒しかかからないことと、ドイツ製ということです。【個人的にドイツ製品大好きです。笑】

あとチタンなので、軽いこともポイントです。上のストーブより大きい(Bush box XL)ので、小さいクッカー二つなら同時に乗せることが出来ます。

料理にも対応するモデルではないかと思っており、次買うモデルとしています。これで値段が安ければ言うことなしだと思いますが、お値段二万以上、、、

 

スノーピーク焚き火台S&M

焚き火台は質実剛健なところがあり、鉄の肉厚が強い大変丈夫な焚き火台です。

薄くなり収納性が良いですが、真四角でなないのと重たいので大変便利ということでは最近なくなりましたが、積載は可能です。

バイクならSサイズがオススメです。

Snowpeakの焚き火台については下記でレビューしております。

Snowpeak 焚き火台S&M review 【焚き火台レビュー】

Mサイズは最近全く使ってませんが、来たる家族キャンプのときに使う予定です←いつだよ!笑っ

 

モノラル ワイヤフレーム

こちらは調理などはバーナー等に任せて、焚き火だけを楽しむものです。

焚き火で調理器具を使うと煤汚れが強く付着するので、調理と焚き火を分けるのはバイクキャンプにおいては賢い選択かもしれません。

調理となるとゴトクがないので結構不安定になります。


以上焚き火台の紹介でした。最近は大変薄い焚き火台が増えて、バイクのキャンプ道具がどんどん小型軽量化できています。もうすでにバッグの中に収まるサイズになってきたので、バイクにのらずに徒歩でのキャンプも十分可能になってきました。そんな荷物の中に焚き火台も含まれるのは夢があります。

バイク×キャンプのまとめ

バイクで始めるキャンるに関する情報をお伝えしています。 【バイク×キャンプ】道具選びのポイントのまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!