バイクキャンプツーリングに最適なテーブルとローテーブルのオススメ【テーブルレビュー】

この記事では普段使って感じる便利なテーブルを2つご紹介します。

テーブルの役割は何なのか

キャンプをするときにテーブルはどのような役割を果たすのでしょうか。

キャンプ場の場合は地面が土であることを考えると、テーブルがあると地面の汚れを拾わずに済みます。

そして、テーブルの上で管理することで、あれどこにいった?な状況を少しでも少なくすることが可能です。

  

バイクで持ち運びしやすい大きさについて

バイクキャンプツーリングでいえば、テーブルは荷物を圧迫する存在です。一度使うとその便利さから、使いたくなるキャンプ道具の一つではあります。

平たいテーブルから、立体的に収納できるテーブルまでありますので、他に持っていく道具と比較して、大きさを決めていくと良いです。アイテムについては下記でご説明していきます。

  

ローテーブル

ローテーブルは名の通り高さが地面とほぼ同じものを指します。これの特徴は、アルミやステンレスを採用したテーブルが多く、熱いものも載せれるし、サイズも薄くなるしでとても使い勝手の良いテーブルです。

  

組み合わせるならこの椅子

高さの低いテーブルだと、置く物の位置も低くなるので、普通のキャンプチェアに座ると自然と手も下へ伸びがちです。そんなとき、ローチェアとの組み合わせは相性が良く、自然な物を取る動作で使えるのがポイントです。

  

熱いものも載せられる

先程もお仕えしましたが、熱いものを載せられるのが特徴です。例えばスキレットのような鋳物のフライパンは熱を保持できるのが特徴で、これの置き場としてテーブルが使えます。なにせ金属でできているので、多少手荒に使っても耐久性があるのがポイントです。

  

優れた収納性

ローテーブルは組み立てが必要なものもありますが、収納時の製品の厚みが薄いのが特徴です。バイクキャンプの場合は僅かな隙間もないぐらい荷物で溢れるときがあるので、この収納性はとても便利です。

  

ローテーブルはこんな人にオススメ

ローテーブルのサイズ・厚みはとても小さい+です。小さいからそこ、荷物の量が少ないソロキャンパーや、最小限の道具で楽しみたい人には、テーブルの上で道具を整理しながら使う楽しさを教えてくれます。

  

キャンプテーブル

キャンプテーブルはローテーブルとは異なり、物を置く位置が高いことが特徴です。基本的に組み立てを必要とするものが多いですが、物を置くスペースが広いこと、そして小物を収納できることがポイントです。

  

組み合わせるならこの椅子

物を置く位置が高いので、ここは着座位置の高い椅子が快適です。ローチェアでももちろん使い勝手に困ることはありませんが、より高さの関係、相性が良いのがポイントです。

  

小物を収納しておける

テーブルには小物を入れておけるスペースがあるモデルがあります。このテーブルだとティッシュや調味料など、よくどこにいったか分からなくなるような小物をテーブルのストレージスペースに入れておけますし、焚き火が終わってテントに戻るとき、テーブルをテント内に入れれば、小物の管理も用意です。

  

キャンプテーブルはこんなひとにオススメ

バイクでいくにしても、道具が多い最初のうちは、これぐらいの使い勝手のよいテーブルを使うことの方が、無理に道具をコンパクトにして快適さを失うよりも快適です。

テーブルによってはドリンクホルダーなんかもついていたりしますし、何だかんだでやっぱり使いやすい。基本はこのテーブルがオススメです。

  

まとめ

ソロテーブルを使うと、キャンプの朝とかの片付けの際に便利でオススメです。大きさは他の荷物がどれぐらいあるのか、また使う椅子の着座位置はどこなのかで選ぶのが良いかと思います。

ローテーブル

キャンプテーブル(カップホルダーつき)

キャンプテーブル(ストレージスペースつき)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!