スノーピークとWAQのチタン製品がシンデレラフィット【レビュー】

本日はチタンのカップを二種類紹介します。それぞれの使用用途はことなりますが、2つあると便利なポイントを紹介します。

Snowpeak スノーピーク 雪峰H300

取手のないスタッキングに優れたカップ

この製品は取っ手がついていません。そのメリットはスタッキングが出来ることです。

雪峰シリーズは大きさが三種類あり、その三つが綺麗に重なる大きさになっています。

私は最初200を購入し、その使い勝手の良さから300を買い足しました。450を購入していない理由は後程のスタッキングに関係します。

  

口当たりが良く、熱くならない本体

チタン製のダブルウォールのカップは、熱いものをいれても外側が熱くなりにくく、素手で持つことが可能です。またコップの淵は口当たりが良いように作られていて、飲み物も飲みやすい形状です。

  

WAQ シングルウォールチタンカップ

シングルだからこその使い勝手

この製品はシングルウォールです。保冷・保温は苦手ですが、直接火にかけることが出来るのがシングルウォールの特徴です。

  

取手の作りに技あり

蓋の取っ手は倒れないように工夫がされていて、加熱中でも素手で蓋をとることが可能です。

本体の取っ手は小指がかかるように形状が曲げられています。加熱すると、取っ手も熱くなるので使えませんが、本体が冷たいとき、冷めたときは持ちやすいように工夫がされています。

  

ウルトラフィットな収納術

上で紹介したメーカーの異なる2つは綺麗にスタッキングが可能です。

WAQ + Snowpeak 雪峰300 + Snowpeak 雪峰200

始めにシングルウォールとダブルウォールカップ2つの組み合わせです。

この組み合わせだと、お湯を沸かすのはシングルカップで沸かして、保温のダブルウォールマグで二人分の飲みのもを用意することが可能です。保温なので冷めにくいのがうれしいですね。

  

WAQ + Snowpeak 雪峰300 + ANKER Soundcore mini

次にシングルウォールとダブルウォールカップとスピーカーの組み合わせです。

この組み合わせは一人で楽しむソロセットです。高音質なスピーカーで音楽を楽しみつつ、暖かい飲み物でゆっくりくつろぎましょう。

  

スタッキング方法をご紹介

まずはスピーカーを収納します。

カップにいれる前に傷がついてしまわぬように袋に収納します。

それなりにフィットする袋が良いですね。これを

雪峰300にセットします。

まるで純正のようなフィット感です。笑

このセットをまた袋にいれて

同時にアルコールバーナーもいれて

隙間にマッチ箱も入れましょう

収納したものを

チタンのカップに入れましょう

蓋は収まらないので袋の底に入れます。

隙間にゴトクを入れます。

外側の紐を絞ると、アルコールバーナーを包み込むように封をすることがてきます。

ウォーターボトルとアルコール、ウインドスクリーンに本体です。

使ったイメージはこんな感じ。

最近のおすすめはローソンのコロッケパンです。

アルコールバーナー

カップ

スピーカー

Anker Soundcore Mini 2(6W Bluetooth4.2 スピーカー by Anker)【BassUpテクノロジー / IPX7防水規格 / 15時間連続再生 / ワイヤレスステレオペアリング/コンパクト設計】(ブラック)
Soundcore

浄水器

  

まとめ

アウトドア用品はスタッキングに優れています。バイクだと出来るだけ手軽にしたいときに便利です。

カップやスピーカーは家でも使えるので、使用頻度は高いのもポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です