バイクキャンプでの ランタン選びのポイント

ランタンはキャンプ場で過ごす上でとても重要なアイテムではないでしょうか。今日はそんなアイテムを比較しながらレビューしていきます。

ガスランタン

燃料を液体燃料及びガスで火を灯すものです。

ガソリンランタン

ガソリンランタンは燃料にホワイトガソリンを仕様するランタンです。真冬でも安定した火力があります。

マントルを使うことでランタンのなかでもかなり明るく照らすことが出来ますが、ランタンが大きく、ホヤなどは運搬中に割れてしまう危険性もあるので、バイクキャンプには適していません。

  

ガス缶ランタン

燃料をOD缶、もしくはCB缶を使うランタンです。ガスの種類で安定の度合いは変化があります。

ガス缶はバーナーで使用することも出来るので、ガソリンランタンよりは持ち運ぶ量も少なく済みますが、ランタン使用時はバーナーが使えないので、結局ガス缶を2つもつ必要も出てきます。

  

灯油ランタン

ランニングコストに優れた灯油で灯をともすランタンです。構造がシンプルなので、大きさもコンパクトで、この辺りからバイクでの持ち運びが出来る大きさになります。

  

LEDランタン

LEDで明かりを灯すものです。

内蔵バッテリーで駆動

LEDランタンはとにかく小さいのが特徴ですが、この内臓バッテリーのものは携帯の充電をすることも可能なため、用途が広く、バイクキャンプツーリングにオススメです。

本家ならこれ

私が購入した製品も優れています。

NATUREHIKE ランタン【ライトレビュー】

  

電池で駆動

電池で駆動するタイプのものは最もコンパクトに出来るのが特徴です。電池も繰り返し充電が可能なものを使用すれば、繰り返し使用できますし、もし仮にバッテリーがなくても電池を買えば動く良さもあります。

バイクキャンプツーリングで選ぶならこれ

  

キャンドルランタン

雰囲気重視のランタンでコンパクトではありますが、周りを明るく照らすというよりは雰囲気を楽しむランタンですね。

キャンドルの雰囲気をガス缶で再現するものもあります。

  

まとめ

バイクでキャンプツーリングにいくならランタンとしての実用性があり、なおかつサイズが小さいに越したことがないという点でLEDのランタンをオススメします。

でも、ガスの色味や見た目に関してはLEDは到底及ばないので、雰囲気を大切にするなら、ガス缶のランタンがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です