バイクツーリングで使う火気類まとめ

本日はバイクで運ぶ火器類のまとめをご紹介していきたいと思います。

コストパフォーマンスor性能

火器といってもいろんな種類があります。燃料をどの種類にするかでも使うバーナーが異なりますし、ランニングコストが異なります。

 

ガスバーナー

CB缶

自宅でカセットコンを使うのであれば、いつも使っているのがこのCB缶です。スーパーでも購入できて、手軽です。

  

OD缶

アウトドア缶は専門店で購入できます。封入されているガスの種類が違い、内圧も異なります。低温でも使えるなど、フィールドでの使用に特化しています

  

アルコールバーナー

アルコールバーナーは、ガスバーナーに比べてアナログです。でもそれが扱い易い点でもあります。

燃料のアルコールは安く薬局で購入することが可能です。また、バーナー自体の耕三も単純なため、メンテナンスフリーで使うことができます。

また使い馴れてくるとお湯を沸かすための燃料を把握することが出来るので、不必要に燃料を持ち運ぶ必要がなく、軽量・コンパクトに収まります。

ただし風には強くなく、ウィンドスクリーンを用いないと効率が大きく下がってしまうデメリットがあります。

  

ガソリンバーナー

ガソリンバーナーの燃料はその名の通りガソリンを燃料とします。

寒冷地でも一度火が着いてしまえば安定した火力を生み出します。

ただしガソリンを使う場合は定期的なメンテナンスをする必要があるので、道具の手入れをこまめに行うのが好きなひとに向いているバーナーです。

燃料はガソリン以外にもホワイトガソリンが使用可能で、こちらは不純物がないために手入れを必要としません。

その分燃料代も高く、ランニングコストは非常に高いです。

  

焚き火の熱を利用する

焚き火のメリットは暖もとれることです。

特にバイクが快適な秋になると夜は冷えるので、焚き火の火は体が暖まって良いです。

でも焚き火をすると調理器具はすす汚れが強く残り、火加減も調節できないので、焦げ付いてしまったりする可能性があります。

あと朝は火を起こす前に片付けてから火を起こす必要があり、手間です。寒いので、ガスバーナーで手軽にお湯を沸かしたりできるのでオススメです。

  

電気を利用するメリット

近年ポータブルバッテリーも買いやすい値段にまで落ちてきたので、バイクにも大型のバッテリーを積むことが考えれるようになってきました。

それでもまだまだ大きい上に、電気で動く調理器具も大きいことから、今後の商品ラインナップに期待といったところでしょうか。

  

まとめ

キャンプによくいくのであればランニングコストは重視したいですし、数回のキャンプツーリングだけであれば軽量コンパクトなアウトドアバーナーが使い勝手が良いです。

色々種類があるのはその時の状況や持ち物の量を考えて選択できる幅の広さであり、色々買い揃えたくなってしまいます。


バイク×キャンプのまとめ

バイクで始めるキャンプに関する情報をお伝えしています。 【バイク×キャンプ】道具選びのポイントのまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です