BMWのバイクを一年点検に出した維持費等紹介します【1年点検】【R1200GS】

1年点検について

早いもので購入して早一年。約10,000km走行したので点検に出しました。ちなみに、BMWでは

走行距離10,000kmごと、もしくは1年のどちらか早い方

となっています。BMWは電子部品が多いので、安全に乗るためにも点検が推奨されます。決して必ず受けないといけないものではありません。

法令で定められる12ヶ月点検
国土交通省が決めた点検項目で、車を点検する義務がありますが、実施しなかったことによる罰則はありません。

外車ということもあり、維持費等が不明なBMW。この機会にどれぐらいの費用がかかったのかをお伝えしていきます!

点検の知らせ

BMWのバイクって、ハイテクなんです。ありとあらゆる電子パーツを装備しています。今回の点検も、10,000km目前にして、メーターに「service」の文字が表示されました。

MEMO
点検時期までも案内してくれるバイク、それがBMWです。笑

早速電話で確認すると、この文字を消すだけはできるとのことですが、それだけでも大きな費用が発生するとのことでした。

点検の申し込みをし、代車の手配もお願いしました。

MEMO
私の場合は約2週間の預かりです。(時期にもよります)

 

1年点検の費用は35,400円

内訳を見ていきたいと思います。

1年点検代 ¥35,400-

ディーラーに予約して、点検予約をしました。

今回の点検項目及び交換内容としては下記の通りです。

金額備考
基本点検¥15,120-
エンジンオイル¥14,320-¥3,672/L
オイルフィルター+シール ¥2,958-
ブレーキフルード¥1,728-
消耗品、ケミカル類¥1,282-
MEMO
ディーラーにより金額は異なります

エンジンオイルは奮発して、今の純正であるBMWオリジナルのものを入れました。¥3,672/Lです。

純正エンジンオイルを入れた理由
BMWのエンジンオイルは専用で開発され、エンジンのコンディションを良い状態に保ちます

オイルに関しては、安くても良いから頻繁に交換した方が良いという意見もありますが、私の場合は時々しか乗らなくなりましたし、交換頻度も低いことから、プレミアムオイルを入れて一年で交換する方法を選択しました。

1年点検に関して、オイルは高いですが思ってた以上にトータルの費用は安いです。

MEMO
不安としては、電子制御の部品がもし壊れた場合は、部品代が相当高そうです。。

 

1年乗って支払った費用について

オイル交換代 ¥4,864-

BMWのバイクはオイル交換のサイクルを10,000kmとしています。エンジンの保護の観点で言えば、純正オイルは長く使用できるんですね。

私の印象ですが、シフトのフィーリングに関しては3,000km過ぎたあたりで徐々に悪くなってきます。そのため、5,000kmでオイル交換しましたが、シフトの調子が改善されました。

使用したオイルはこちら

以前までの純正オイルとして採用されていたカストロールのPOWER1 RACING 4T 5W-40 4Lです。

オイルを交換する際は、ドレンボルトのワッシャーも忘れずに交換します。

オイル交換と洗車の模様は下記で動画にまとめております。

ディーラーで交換した場合

工賃はわかりませんが、BMW純正オイルは下記の通りです。

ADVANTEC BMW Motorrad 純正エンジンオイル

5W-40(ADVANTEC Ultimate)¥3,400(税抜価格)/ L
15W-50(ADVANTEC Pro)¥2,500(税抜価格)/ L

GSの場合は4L使う想定でいけば、工賃合わせて16,000円程度かかるのではないでしょうか。 

  

チェーンメンテナンス代 ¥0-

R1200GSはシャフトドライブを採用しています。

一般的なバイクに採用されているチェーンでの駆動ではないのが特徴です。

シャフトドライブのメリット

チェーンの伸び調整、注油、クリーニングは不要

オイルの交換は必要ですが、2年の点検で一度交換しますので、今回の1年点検では交換しませんでした

このシャフトドライブ、オイルの飛び散りがないので洗車がとにかく楽です!一度味わうと、チェーン駆動のバイクに戻りたくなくなります。笑

  

タイヤ代 ¥45,888-

0kmから走り始め、約10,000km走行した時にタイヤ交換しました。前回(納車時)はMICHELIN ANAKEE3です。

今回は少しのオフ走行も想定し、MICHELINのANAKEE ADVENTUREにしました。費用に関しては下記の通りです。

費用
MICHELIN ANAKEE ADVENTURE¥36,600-
取り付け工賃¥9,288-

取り付けはBMWのタイヤ交換ができるショップに依頼しました。

お店によっては対応不可のお店もあるので注意が必要です。このタイヤ、何キロ持つのでしょうか。

MEMO
ロードノイズは結構ある印象です

ロングライフだと嬉しいですね。

MEMO
その後10,000km乗りましたが、まだまだタイヤの残量がある状態で、ロングライフです。

   

ガソリン代 ¥75,000-

R1200GSの記録では1Lで20km前後走ります。1,169ccとしては燃費が良い方だと思いませんか?

タンクも20Lありますので、一回の給油で300km程度は余裕で走れます。もちろんハイオクではありますが、ランニングコストは思ってる以上に安いです。

(走行距離)10,000km/(平均燃費)20km=500×150円/L=¥75,000-

燃費が良いのは維持がしやすくて助かります。正直。笑

 

任意保険代 ¥42,600-

タンデムの機会が多いので、搭乗者に対しての保険額を多めに設定しています。事故が起こる場合、私の運転ミスの可能性もあり得るので、もしもの時の保証は手厚く設定します

人身傷害補償特約は3,000万円(搭乗中のみ補償特約)、弁護士費用補償特約も入れて¥42,600円です。

下記ではバイクの保険の重要性をご説明しています。20歳でフォーカスしていますが、他の年齢でも大切なことをご説明している記事ですので是非ご覧ください。

  

代車はR1200Rでした

点検期間は2週間でした。その間、R1200Rという同じエンジンのセッティングを変更したバイクが代車でした。

同じエンジンなのですが、乗ってびっくり、乗り味が全然違うのです!これに関しれは、また別の記事でご紹介しています。

MEMO
BMWだと代車も高級なのが良いところですね。笑

 

まとめ

今回10,000km点検に出して感じたことは

・ツーリングを快適なものにするには、受けておきたい点検であること
・気になっていたメカノイズがほどんどなくなっていたこと

です。電子制御がツーリングを快適にしてくれることはこの一年で体験しました。安全に長距離を走ろうと思うと、いかに疲れないかがポイントです。BMWのバイクはその点に優れています。

点検では、それらのパーツを点検してくれるので安心できますし、何かトラブルが起こってからでは対処できないことも多いと思います。そのため、事前の点検と、日々のメンテナンスは大切だなと感じます。

また、メカノイズに関しては驚きました。走行距離が伸びるごとに少しづつ増していたメカノイズが今回の点検でほぼ消えたのです。

点検に出すとき、メカノイズについては一言も言わなかったのですが、点検の中で調整もされたようです。的確に調整し、改善してきたあたり、さすがブロフェッショナルと感じました。

これで次の車検まで安心して快適に乗り続けることができます。

維持費に関しては以上となります。高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですが、どれだけ走っても疲れないこのバイクに乗れて感じるのは、現時点ではとても維持費が安いと感じる点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!